歩行者が安心して通れる道---「安心歩行エリア事業」がスタート

警察庁、国土交通省は、住宅地や商業地を面的に規制し、歩行者や自転車を事故から守る「安心歩行エリア」を全国796カ所、指定した。今後、指定された地域では速度規制の強化やハンプ(凸部)の設置、歩道の拡幅など、歩行者対策が重点的に行われる。

自動車 社会 社会
警察庁、国土交通省は、住宅地や商業地を面的に規制し、歩行者や自転車を事故から守る「安心歩行エリア」を全国796カ所、指定した。今後、指定された地域では速度規制の強化やハンプ(凸部)の設置、歩道の拡幅など、歩行者対策が重点的に行われる。

これとあわせ、事故の多い交差点や山道を重点的に対策する「事故危険箇所対策」も、3956カ所で実施されることになった。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 「異常な台数を登録させないで」警視庁が国交省に要請 画像 「異常な台数を登録させないで」警視庁が国交省に要請
  • 美しい道路をみんなで考えましょう---国交省が“道路の通信簿” 画像 美しい道路をみんなで考えましょう---国交省が“道路の通信簿”
  • 対t.A.T.u.(タトゥー)、警視庁の勝利?! ---歩行者天国閉鎖と警備強化 画像 対t.A.T.u.(タトゥー)、警視庁の勝利?! ---歩行者天国閉鎖と警備強化

特集