ホンダ『レジェンド』をマイナーチェンジ

自動車 ニューモデル 新型車

ホンダ『レジェンド』をマイナーチェンジ
  • ホンダ『レジェンド』をマイナーチェンジ
ホンダは19日、『レジェンド』をマイナーチェンジし発売した。盗難防止装置のイモビライザーとセキュリティーアラームを全車に標準装備した。

電子的なキー照合により車両盗難を防止するイモビライザーと、音と光で警告するセキュリティーアラームを装備した。また、スタンダードグレードの「ユーロ」には6連装CDチェンジャーやクルーズコントロールを、中・上級の「ユーロエクスクルーシブと「エクスクルーシブ」には、ホンダDVDナビゲーションシステムを標準搭載した。

外観は、フロントグリルを変更したほか、リアターンシグナルのレンズをクリア化した。また自発光独立3眼メーターは白色LED式にした。ユーロエクスクルーシブとエクスクルーシブには、本木目コンソールパネル色調に最高級の楓を採用した。

メーカー希望小売価格は、ユーロが340万円、ユーロエクスクルーシブ432万円、エクスクルーシブは448万円。ユーロは、6万円分を追加装備し価格アップを2万円に抑えた。ユーロエクスクルーシブとエクスクルーシブは、同26万円高とし、4万円のお買い得とした。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集