【ホンダ『Gathers』新ライン緊急取材】専用筐体を採用するメリット

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品
ホンダアクセス『Gathers』(ギャザズ)ブランドのカーナビは、富士通テンやクラリオンなどからのOEM(相手先ブランド供給)モデルだというのは前述のとおりだ。しかし、既存の機種をそのまま持ってきているわけではない。実は“ある理由”から既存機種はあくまでもベースに過ぎないという。

同社・商品企画部の沼田昌彦主任は「ご存知の方もいらっしゃると思いますが、ホンダで採用している2DINサイズは通常のものより大きい。DIN規格を採用しているのはシャーシ部分のみで、フロントフェイスは通常のものと比べ、縦と横でそれぞれ1cmずつ大きくなっています」と説明する。

今では普通に使われている「DIN」とは「Deutsch Industrie Norm」の略語で、日本語で言うと「ドイツ工業規格」となる。文字通りドイツ規格協会が定めた標準規格品を示す言葉で、クルマのオーディオコンポーネンツのサイズはこの規格で大きさが決められている。

ホンダ車のセンターコンソールに位置するオーディオ機器用の取り付けスペースのうち、シャーシサイズはこれに従っているが、フロントフェイス部分については規格化されていないので縦横1cmずつ大きくしているという。大きくしている理由とは非常に簡単なものだ。

「1cm大きくすると、その分だけコントロール用ボタンのサイズを大きくすることができます。特にナビではボタンを大きくすると画面用のスペースが、画面を大きくした場合にはボタン類が小さくなるという弊害があります。1個1個は微々たるものですが、全体で見るとその効果は歴然としており、そこに1cm拡大の効果が現れています」と沼田さん。

市販ナビをホンダ車に取り付ける場合、1cm分の外枠を別に装着しなくてはいけない。だが、ギャザズのナビであればその部分をボタン用スペースとして拡大し、使い勝手を良くしたものを付けられる。些細なことだが、こうした部分を計算しているのも純正品の特長と言えるだろう。
《》

編集部おすすめのニュース

特集