4月国内生産、国内販売低迷で微減に

自動車 社会 社会

日本自動車工業会が発表した4月の四輪車生産台数は、前年同月比0.4%減の77万4261台となり、2カ月連続で前年同月を下回った。

車種別では、乗用車が同2.8%減の64万1869台となり、2カ月連続のマイナスだった。普通乗用車が同0.2%減の27万9188台だったが、小型乗用車が同4.1%減の26万7265台、軽四輪車が同6.4%減の9万5416台となった。輸出は好調だったが、国内販売が低迷したのが主因だ。

トラックは同13.9%増の12万7733台で4カ月連続で前年を上回った。首都圏のディーゼル規制などで、新車への代替えが加速している。普通トラックは同18.5%増の5万6933台で、小型トラックが同10.4%増の3万3635台、軽四輪車が同10.3%増の3万7165台だった。

バスは同1.8%減の4659台。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集