トヨタ5年連続トップ、ホンダは4位に---JDパワー社の初期品質調査

自動車 社会 社会

米国の調査会社であるJDパワー・アンド・アソシエーツは6日、米国で販売された車の2003年度初期品質調査結果を発表した。新車100台当たりのユーザーによる問題指摘件数を指数化したもので、企業別ランクではトヨタ自動車が5年連続してトップとなった。昨年度2位だったホンダはポルシェなどドイツ勢に抜かれて4位に後退した。

このほかの日本勢では、日産自動車が昨年度の9位から6位にランクアップした。またスズキも14位から11位に上昇したものの、スバル(富士重工業)は昨年度と同じ12位、三菱自動車は8位から13位に下げた。各メーカー平均の指数は133だった。

一方、ブランド別ではトヨタのレクサスが指数76と圧倒的な信頼性を見せてトップ。2位はキャデラック(103)、3位には日産のインフィニティ(110)が躍進した。ホンダのアキュラ(111)は僅差で4位となった。ブランド別の平均値は133だった。

●2003年度米国販売車初期品質ランキング(メーカー別指数)
1. トヨタ 115
2. ポルシェ 117
3. BMW 124
4. ホンダ 128
5. GM 134
6. 日産 135
7. フォード 136
8. ダイムラークライスラー 139
9. フォルクスワーゲン 141
10. ヒュンダイ 143
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集