【スズキ『ツイン』誕生】ミニパトにいかが? …使い方も提案

自動車 ニューモデル 新型車
【スズキ『ツイン』誕生】ミニパトにいかが? …使い方も提案
  • 【スズキ『ツイン』誕生】ミニパトにいかが? …使い方も提案
  • 【スズキ『ツイン』誕生】ミニパトにいかが? …使い方も提案
  • 【スズキ『ツイン』誕生】ミニパトにいかが? …使い方も提案

スズキは『ツイン』を「軽自動車の新しい市場を提案する提案モデル」と位置付けているが、商品企画統括部の河岡徳彦デザイン部長によると、「市民権を得るためには使い方の提案も必要」と語る。使い方の例として河岡部長は「ミニパトロールカー」を挙げ、行政がらみの支援車として、さらに駐車場をもてない人のために、共同での利用などを提案する。

「ドイツのフランクフルトでは、『スマート』をルフトハンザ航空のパイロットが共同で利用している。そうした一見乗らないような人にも乗って欲しい」と河岡部長。「新ジャンル展開のためには、新たな背景作りが必要になってくるだろう」と語る。

《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース