マツダ、念願の欧州現地生産スタート---『マツダ2/デミオ』

自動車 ビジネス 企業動向
マツダ、念願の欧州現地生産スタート---『マツダ2/デミオ』
  • マツダ、念願の欧州現地生産スタート---『マツダ2/デミオ』
マツダは、フォードのスペイン・バレンシア工場で欧州向けの新型小型車『マツダ2』(日本名=デミオ)の生産を開始したと発表した。欧州で生産されるマツダ車はマツダ2が初めてで、年間4万台を生産する計画だ。

マツダはバレンシア工場に70人のエンジニアを派遣、高品質な商品を生産できるように準備を整えてきた。

マツダ2の投入で、欧州でマツダブランド力を高め、小型車セグメントで成長を図っていく。同時に、ユーザーに安定した供給体制を築き、為替変動の影響を受けにくくなるメリットもある。フォードにとってもマツダ2の生産で工場の稼働率をアップできる。

欧州市場向けのマツダ2は、4種類のエンジンを設定しており、ガソリンが1.2L、1.4L、1.6Lで、ディーゼルではコモンレール式1.4Lを設定している。

マツダ2は、フォードの『フィエスタ』とプラットホームを共通化しており、バレンシア工場ではフィエスタと混流生産となる。

●株式市場のチェック漏れはありませんか。メールマガジン「デイリーニュースランキング」では、毎日、自動車業界の株価の動向をウォッチングしています。ぜひ読者登録を。---
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集