【JGTC第7戦】道上の復帰初勝利で無限×童夢プロジェクトはタイトル獲得

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

【JGTC第7戦】道上の復帰初勝利で無限×童夢プロジェクトはタイトル獲得
  • 【JGTC第7戦】道上の復帰初勝利で無限×童夢プロジェクトはタイトル獲得
  • 【JGTC第7戦】道上の復帰初勝利で無限×童夢プロジェクトはタイトル獲得
  • 【JGTC第7戦】道上の復帰初勝利で無限×童夢プロジェクトはタイトル獲得
27日、山口県・セントラルパークMINEサーキットにおいて全日本GT選手権シリーズ(JGTC)第7戦決勝レースが行われた。

予選3番手からスタートした道上龍/伊藤大輔組(無限NSX)が、5周目にベストラップを記録するなどして今季初優勝。また開幕直前の怪我から復帰した道上選手は3戦目での今季初勝利となった。2位は本山哲/M. クルム組(ザナヴィ・ニスモGT-R)、3位は土屋武士/W. ガードナー組(トクホン・トムス・スープラ)

道上/伊藤組の勝利で無限×童夢プロジェクトは最終戦を待たずにチームタイトルを獲得した。ドライバーズタイトルは、トヨタ勢の脇阪/飯田組を2点差で竹内/立川組が追い、さらに1点差で今回優勝の伊藤が続いて最終戦を迎える。

■リザルト
1:無限NSX(道上龍/伊藤大輔)
 76周 1:49'28.891
2:ザナヴィ・ニスモ GT-R(本山哲/M. クルム)
 76周 1:49'40.623
3:トクホン・トムス・スープラ
 (土屋武士/W. ガードナー) 76周 1:50'46.388

■GT500クラス・ドライバーズランキング
1:脇阪寿一/飯田章 61
2:竹内浩典/立川祐路 59
3:伊藤大輔 58

■GT500クラス チームランキング
1:無限×童夢プロジェクト 93
2:TOYOTA TEAM CERUMO 63
3:TOYOTA TEAM TOM'S 63
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集