【いすゞ最後の再建計画】監視役もついてラストチャンスです

自動車 ビジネス 企業動向

【いすゞ最後の再建計画】監視役もついてラストチャンスです
  • 【いすゞ最後の再建計画】監視役もついてラストチャンスです
いすゞ自動車は、新3カ年計画で、GMから代表取締役副社長、メーンバンクのみずほ銀行から取締役副社長を迎える。GM出身者が代表権を持つのは初めてで、再建計画を確実に実行するための監視役となる。

いすゞは、米国と日本のトラック販売が不振で昨年から急速に業績が悪化、「Vプラン」で再建を図ったものの、予想以上の市況に計画達成が不可能となり、修正してきた。

今回、財務体質を含めてGMが資金投じて思い切った再建計画を策定した。もし、今回の計画で経営が改善しない場合は、GMはいすゞを見捨てると言われており、事実上の最後通牒をつきつけられたかっこうだ。果たして、いすゞは再建を果たすことができるのか。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集