【新型ダイハツ『ムーヴ』発表】「軽自動車を超える」質感を追求…エクステリア

自動車 ニューモデル 新型車

【新型ダイハツ『ムーヴ』発表】「軽自動車を超える」質感を追求…エクステリア
  • 【新型ダイハツ『ムーヴ』発表】「軽自動車を超える」質感を追求…エクステリア
  • 【新型ダイハツ『ムーヴ』発表】「軽自動車を超える」質感を追求…エクステリア
  • 【新型ダイハツ『ムーヴ』発表】「軽自動車を超える」質感を追求…エクステリア
  • 【新型ダイハツ『ムーヴ』発表】「軽自動車を超える」質感を追求…エクステリア
軽自動車という制約を超えたハイクオリティを追求した新型『ムーヴ』のエクステリアデザインは、質感の高さが売りだ。軽自動車はサイズが決まっているためボディの面が平板になりやすいが、ムーヴはそうした軽自動車の安っぽさからの脱却を目指してデザインされている。

ソリッドな面質とシャープなエッジの組み合わせによるフォルムは斬新。ボディの台形シルエットをベースに、ホイールを強調するフェンダー形状、横に広がりを持たせたフロントデザインで、安定感と低重心感を表現している。

初代ムーヴからのアイデンティティである縦型リアコンビランプも、バックウインドウとの間に段差をつけ、立体感豊かなものに仕上げている。ボディやバンパーの塗装についても、これまでの軽自動車にはなかった深みと輝きにこだわり、新しい塗料の開発から取り組んだという。

ボディカラーは新色6色を加えた全12色。4灯ヘッドランプ、エアロパーツ、クリアテールレンズ、ダウンサスなどでドレスアップしたムーヴカスタムシリーズも健在だ。
《井元康一郎》

編集部おすすめのニュース

特集