【イクリプス『AVN9902HD』発表】クルマで5.1ch! さてそのお値段は?!

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

『AVN9902HD』は、DVDビデオの5.1ch再生機能を備えている。5.1chとは、スピーカーを6本使って臨場感ある音を再現するシステムのことで、フロント2本、リア2本、スーパーウーハー1本、以上5本で5ch。加えて、主にセリフなどを再生する小さ目のスピーカーをフロント中央に配置し、これを0.1chと数え、併せて5.1chとするものだ。

会場には、このシステムがインストールされた『アウディA4』が展示してあり、スティーリー・ダンのライブDVDビデオがデモされていた。ミュージックビデオを5.1chで聞く(見る)のは非常に新鮮な体験で、それぞれの楽器やヴォーカル、コーラスの立ち位置が立体的に聞こえてくるようだった。

しかし、「このデモカーは大阪のショップに依頼したもので、これだけやると150万円くらいは掛かってしまうんですよ」と、ECLIPSE推進部の宮本温将氏は恐縮する。しかしこれはデモカーである。アンプも別立てで用意し、トランクにモニターを付けてあるような最高級仕様だ。

とにかく5.1chを手軽に体験したいなら、「すでにクルマについているフロントとリアスピーカーはそのまま活かして、ウーハーとセンタースピーカーを追加するだけでも再生できます」とのこと。

このプランなら、ナビ本体価格(定価は37万5000円)と、取り付け工賃3−4万円、あとはセンタースピーカー(「E502CSP」:1万9800円)とウーハー(「E502TSW」:2万2000円)を買うだけ。つまり、ナビに4万円を追加するだけで5.1ch環境が完成する。

クルマの中は、リスナーの座る位置が常に決まっているだけに5.1ch環境にふさわしいともいえる。あの臨場感を4万円の追加投資で賄えるなら、充分に価値はあると感じた。
《》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集