【新型トヨタ『サーフ』発表】良い意味のカジュアル---オンロードなら『プラド』にも負けない

自動車 ニューモデル 新型車

【新型トヨタ『サーフ』発表】良い意味のカジュアル---オンロードなら『プラド』にも負けない
  • 【新型トヨタ『サーフ』発表】良い意味のカジュアル---オンロードなら『プラド』にも負けない
元々は違うルーツを持つ『ランドクルーザー・プラド』と『ハイラックス・サーフ』だが、今回のモデルチェンジでは同じプラットフォームを採用した。搭載されるエンジンも全く同じラインナップだが、その差異はどこに現れているのか。

これについてトヨタの第3開発センターでハイラックスのエンジンや足回りを担当する大澤洋さんは「プラドは重厚。ハイラックスには良い意味でのカジュアルさがある」と協調する。パワートレインも同一だが、ハイラックスの足回りはオンロード走行をより重視しており、プラドのように「傾斜地も含む道無き所をひたすら走り抜ける」のではなく、「運悪くラフロードに迷い込んでしまっても何とかなる」ことをテーマにしているようだ。

「両車は同じパワートレインですが、用途も違えば、ターゲットとするお客様の層も違います。ハイラックスは若年層向きであり、レジャー志向の強いクルマです。したがって想定する悪路の基準も違います。ただし、オンロード性能ではプラドを上回っている点があるとも自負しています」と語る大澤さんが自慢するのは新開発のショックアブソーバー。

「X-REAS」(エックス・リアス)と呼ばれるサスペンションがそれで、トップグレードの「SSR-G」に標準装着される。ガスコントロールされるショックアブソーバーの連携を左前輪と右後輪、右前輪と左後輪というように対角線上に配置。前後左右に掛かる力を最適に分配することによって、旋回性能を高めている。

「電子制御のエアサスを採用したプラドとは異なるアプローチですが、しなやかにカーブを曲がるという目標は一緒でした」とのこと。そしてこの部分が隠された自慢でもあるという。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集