【スバル『フォレスター』発表】クロスオーバーSUVの頂点をめざす

新型『フォレスター』の開発責任者である、スバル商品企画本部の石藤秀樹(いしどう・ひでき)プロジェクトゼネラルマネジャーのプレゼンテーションを聞くと、新型の開発課題は先代の特徴の「継承」にあるようだ。

自動車 ニューモデル 新型車
【スバル『フォレスター』発表】クロスオーバーSUVの頂点をめざす
  • 【スバル『フォレスター』発表】クロスオーバーSUVの頂点をめざす
  • 【スバル『フォレスター』発表】クロスオーバーSUVの頂点をめざす
  • 【スバル『フォレスター』発表】クロスオーバーSUVの頂点をめざす
  • 【スバル『フォレスター』発表】クロスオーバーSUVの頂点をめざす
  • 【スバル『フォレスター』発表】クロスオーバーSUVの頂点をめざす
新型『フォレスター』の開発責任者である、スバル商品企画本部の石藤秀樹(いしどう・ひでき)プロジェクトゼネラルマネジャーのプレゼンテーションを聞くと、新型の開発課題は先代の特徴の「継承」にあるようだ。

石藤ゼネラルマネジャーは、フォレスターは「絶妙な車高」をもつという。悪路走破性のよいロードクリアランス、アクティブ・セイフティ向上につながる高い見晴らし、しかし横転防止や取り回しに配慮した最大寸法……。これらは先代とほとんど変わらない。

新型の開発目標として、「走る、曲がる、止まる。SUVのジャンルを越えた運動性能」「世界トップクラスの安全性能」「力強く洗練されたエクステリア、インテリアのデザイン」の3点を石藤ゼネラルマネジャーはあげる。めざすはグローバル・スタンダードカーなのだ。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集