日産、2005年を目標に超低排出ガス車拡大---燃料電池開発も同時進行

エコカー 燃費

日産自動車は28日、2005年を目標にした中期環境行動計画をまとめ発表した。2005年にガソリン乗用車で2010年燃費基準を達成する。また2003年3月末に全販売台数の80%以上を最新規制値より75%排ガスが少ない超—低排出ガス車にする。

日産は『ブルーバードシルフィ』で超—低排出ガスを実現したが、その後は『セレナ』で達成したほかは車種が拡大していない。これをあと一年程度で全販売の8割にまで引き上げる。台数にすると60万台程度になるとしており、大気清浄化効果は電気自動車40万台分と同等だという。燃費目標は車両の重量ごとに目標値が異なるが、これをすべてのカテゴリーで達成する。

このほか、ルノーと協力して進めている燃料電池車の開発では05年までに技術開発を完了しいつでも市販投入できる状態にしておくという。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集