バルセロナF1テスト最終日、佐藤琢磨が2位タイム

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

11日に5日目を迎えたバルセロナでの合同テストは、5チームが最終日の作業を行った。トップを独占したのはジャンカルロ・フィジケラと佐藤琢磨のジョーダン・ホンダ。

2001年型マシンで63ラップを走破した佐藤琢磨、2位タイムを記録したにも関わらず、チームメイトには及ばなかったため悔しそうな表情を浮かべていた。

3位にはフェラーリ/テストドライバーのルカ・バドエル。次いでサスペンションのトラブルのためテストを早めに切り上げたルノーのジェンソン・バトンが4位に入った。BARホンダのオリビエ・パニスとトヨタのミカ・サロが2002ニューマシンで走った。

1. フィジケラ/ジョーダン・ホンダ(B)
 1分18秒520 70周
2. 佐藤琢磨/ジョーダン・ホンダ(B)
 1分19秒140 63周
3. バドエル/フェラーリ(B)
 1分19秒490 93周
4. バトン/ルノー(M)
 1分19秒650 54周
5. パニス/BARホンダ(B)
 1分20秒490 90周
6. ダビッドソン/BARホンダ(B)
 1分20秒860 55周
7. アロンソ/ルノー(M)
 1分21秒400 33周
8. サロ/トヨタ(M)
 1分22秒330 63周

●チューンドカー&ドレスアップカーの祭典、「東京オートサロン・ウィズ・オートアジア2002」が開催されました。オートアスキーは、リポートに加えてクルマとコンパニオンの写真&動画満載の特集ページを開設しています。---
《編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集