【オートサロン2002速報】『コスモスポーツ』が21世紀の日本に帰ってきた!!

自動車 ニューモデル モーターショー

【オートサロン2002速報】『コスモスポーツ』が21世紀の日本に帰ってきた!!
  • 【オートサロン2002速報】『コスモスポーツ』が21世紀の日本に帰ってきた!!
  • 【オートサロン2002速報】『コスモスポーツ』が21世紀の日本に帰ってきた!!
  • 【オートサロン2002速報】『コスモスポーツ』が21世紀の日本に帰ってきた!!
  • 【オートサロン2002速報】『コスモスポーツ』が21世紀の日本に帰ってきた!!
マツダスピードは、『ロードスター』をベースに新ロータリーエンジン「RENESIS」(レネシス)を搭載した『コスモ21』をオートサロンに出展している。1967年にデビューした『コスモスポーツ』を現代に甦らせたら…をコンセプトにデザインしたという。

コスモ21はロードスターの足回りをそのまま流用し、心臓部を『RX-8』などに搭載予定の新ロータリーエンジン(250ps)に換装している。1967年から1972年まで発売したコスモスポーツを再現したボディは、砲丸型バックミラーを採用するなどレトロな雰囲気が漂うものだが、ウインカーやテールランプには高輝度LEDを多用しており、部分的には未来的なイメージも強調している。

テールは宇宙ロケットのブースターをモチーフにした二段式。シートなどの内装はキィルティング製で銀と黒のバリエショーンとなっており、こちらも宇宙的。

市販予定は未定だが、300万円台で限定販売モデルとして発売される可能性もあるという。

●メールマガジン「デイリーニュースランキング」では、「Today's オートガール」をお届けしています。オートアスキーが蓄積した写真蔵から選んだコンパニオンなど美少女の写真URLがメールで届きます。---
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集