【2002CES】ハードディスクCDレシーバーが登場、だが……

自動車 テクノロジー ITS

ハードディスクを備えたCDレシーバーの登場も話題となった。日本ではパイオニアが一番乗りを果たしたが、米国ではソニーが先行する形で発表。メモリースティック・スロットを備えつつ、165時間もの再生が可能な10GBのハードディスクを内蔵し、米国では1500ドル(約19万円)で今春より発売される予定だ。

会場ではパナソニックも参考出品という形での展示を行い、パイオニアもこの市場へ参入することは間違いなく、HDDオーディオがクルマで楽しめるようになる日はそう遠くはなさそうである。

ただ、カーAVとは反対に、数万円程度のCD-Rが楽しめるカーオーディオが主流となっている米国市場の中で、1500ドルもするカーオーディオがどこまで売れるかはわからない。
《会田肇》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集