【上海ショー2001】中国VWの新ブランド「一汽大衆」は、日本輸出も始める?

自動車 ニューモデル モーターショー

【上海ショー2001】中国VWの新ブランド「一汽大衆」は、日本輸出も始める?
  • 【上海ショー2001】中国VWの新ブランド「一汽大衆」は、日本輸出も始める?
  • 【上海ショー2001】中国VWの新ブランド「一汽大衆」は、日本輸出も始める?
  • 【上海ショー2001】中国VWの新ブランド「一汽大衆」は、日本輸出も始める?
  • 【上海ショー2001】中国VWの新ブランド「一汽大衆」は、日本輸出も始める?
まだ中国が経済成長を実現する前、80年代にこの国の自動車市場に目を付けたのはドイツのフォルクスワーゲン(VW)だった。当時は米ソ冷戦の真っ最中であり、中国も計画経済が国の基本だった。私は実際には知らないが、当時の中国国産自動車は、海外製品のコピーまたはソ連を中心とした共産圏で生産されている自動車(その多くは西側のコピーあるいはライセンス生産だった)の導入、あるいは設計委託というものだった。

そこに、中国への技術供与という形でVWは食い込み、85年に上海大衆汽車として生産開始。当初は『サンタナ』のボディにクライスラーのエンジンという奇妙な組み合わせだったが、それはエンジンを担当していたのが違う工業集団だったからだ。現在、サンタナは上海のタクシーに大量導入され、マイナーチェンジした『サンタナ2000』も販売されている。その後、91年には長春で第一汽車もスタートし、アウディやVWの上級モデルを生産している。

そして、第一汽車と上海大衆汽車の両VWが合作(ジョイント)してVW『ポロ』を生産し、上海モーターショーでも一汽大衆という名前でアピールしている。「そのうち中国自動車産業界の大再編が行われ、上海と長春のVWが合体し、中国最大の巨大集団になる」と予想する専門家もいるが、先のことはわからない。ただし、日本と韓国向けに輸出する計画はすでにある。一説には2003年から始めると言うが、そうなればVW『パサート』、『ボーラ』、ポロ、アウディ『A4』、『A6』と、VW/アウディのラインナップの半分は日本で大幅な価格引き下げになるのでなないだろうか。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集