【大阪モーターショー】光岡『オロチ』---最初のお客はアノ人やな

自動車 ニューモデル モーターショー

【大阪モーターショー】光岡『オロチ』---最初のお客はアノ人やな
  • 【大阪モーターショー】光岡『オロチ』---最初のお客はアノ人やな
今回の大阪モーターショーでも観客の注目を集めまくっていたのが光岡『オロチ』だ。日産ブースの隣に位置し、しかも注目車のライバル(!?)である『GT-R』を真正面に、低い位置から“ガンを飛ばす”レイアウト。さすがのGT-Rも「ヘビににらまれたカエル」といった感じだ。

様々なメディアでの評判が高かったということもあり、入場ゲートオープン直後から真っ先にオロチを目指す観客も見受けられるほど。そしてあっという間に多くの人だかりが光岡ブースを取り囲むことになった。関西人といえば、派手好きで、モノに対しての辛辣な評価は欠かさないという印象があるが、記者はオロチを見ていた何人かに「オロチを見た感想は?」という質問を投げかけてみた。

一番多かったのは「本当にこれ売るんかいな?」というもの。ええ、ミツオカは本気らしいです。続いては「どんなやつがデザインしたんかいな?」で、記者は思わず「そこでパンフを配っている金髪のお兄ちゃん」と、耳打ちしてしまいました。女性陣からは紫というイメージカラーも含めてなのか「イカツイし、ヤンキー入っているわぁ」という観想が多く、一番変わっていつつも思わず納得してしまった珍回答は「最初のお客は間違いなくバットマンやな。絶対に注文するわ、これ…」でした。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集