春闘に関するニュースまとめ一覧(3 ページ目)

関連インデックス
春闘
トヨタ、4月から子ども手当を大幅拡充し全員月2万円に 画像
自動車 ビジネス

トヨタ、4月から子ども手当を大幅拡充し全員月2万円に

トヨタ自動車の労使は3月15日、本来は2021年1月に完了予定だった家族手当の見直し措置の大部分を、今年の4月に前倒し実施することで合意した。子どもへの手当は、何人いても1人当たり一律月額2万円が支給されるようになる。

【春闘2017】トヨタは家族手当拡充含みベア2400円…大手3社回答 画像
自動車 ビジネス

【春闘2017】トヨタは家族手当拡充含みベア2400円…大手3社回答

自動車業界の2017年春季団体交渉は3月15日、経営側からの回答が始まり、自動車メーカー各社は4年連続で賃金改善(ベースアップ=ベア)が実施されることになった。

【新聞ウォッチ】2017年春闘きょう一斉回答へ…ホンダは前年500円上積みのベア1600円 画像
自動車 ビジネス

【新聞ウォッチ】2017年春闘きょう一斉回答へ…ホンダは前年500円上積みのベア1600円

2017年の春季労使交渉で、きょう3月15日には自動車や電機などの大手企業がベースアップ(ベア)や一時金を一斉回答する。ホンダが、労働組合が求めていたベアに相当する賃金改善を、月額1600円とする方針を固めたという。

【新聞ウォッチ】「官製春闘」息切れ---ベア前年割れトヨタ1300円、日産満額見送り1500円で決着へ 画像
自動車 ビジネス

【新聞ウォッチ】「官製春闘」息切れ---ベア前年割れトヨタ1300円、日産満額見送り1500円で決着へ

3月15日の集中回答日を目前に控えて、2017年春闘の攻防が大詰めを迎えている。すでに、トヨタ自動車の労使交渉では、賃金水準を引き上げるベースアップ(ベア)が3000円の組合要求に対して月額1300円で事実上、決着。

【新聞ウォッチ】トヨタ、4年連続ベア実施へ---前年並み1500円が焦点 画像
モータースポーツ/エンタメ

【新聞ウォッチ】トヨタ、4年連続ベア実施へ---前年並み1500円が焦点

産業界の春闘相場をけん引すると言われているトヨタ自動車が、ベースアップ(ベア)に相当する賃金改善分として、前年(2016年)と同水準の月額1500円を軸に調整する見通しであることが分かった

【春闘2017】一時金は業績反映の要求に…日産など4社が昨年上回る 画像
自動車 ビジネス

【春闘2017】一時金は業績反映の要求に…日産など4社が昨年上回る

自動車メーカーの2017年春闘は2月15日に一斉に要求が提出された。賃金改善(ベースアップ)の要求額は各社とも昨年と同額の3000円で、自動車総連の統一要求基準に揃えた。

【新聞ウォッチ】”トランプ春闘”スタート、トヨタ、日産など自動車各社ベア横並び「月3000円」要求 画像
モータースポーツ/エンタメ

【新聞ウォッチ】”トランプ春闘”スタート、トヨタ、日産など自動車各社ベア横並び「月3000円」要求

トヨタ自動車など大手自動車メーカー各社の労働組合が一斉に今春闘の要求書を提出し、労使交渉が本格的にスタートした。

【春闘2017】日産は「平均賃金改定原資」として9000円の要求 画像
自動車 ビジネス

【春闘2017】日産は「平均賃金改定原資」として9000円の要求

自動車業界でも2月15日に2017年の春季団体交渉が始まった。独自の交渉形態をとっている日産自動車では同日、労組が組合員の「平均賃金改定原資」として昨年と同額の9000円の要求を提出した。

【新聞ウォッチ】2017年春闘、全トヨタ連労連「ベア3000円以上」の要求方針を確認 画像
モータースポーツ/エンタメ

【新聞ウォッチ】2017年春闘、全トヨタ連労連「ベア3000円以上」の要求方針を確認

全トヨタ労働組合連合会(全トヨタ労連、315組合、約34万人)が、賃金を底上げするベースアップ(ベア)にあたる賃金改善分として、月額3000円以上を要求する執行部案を提示して確認したそうだ。

【新聞ウォッチ】安倍首相、今年も賃上げ要請、4年連続「官製春闘」に嫌気も 画像
モータースポーツ/エンタメ

【新聞ウォッチ】安倍首相、今年も賃上げ要請、4年連続「官製春闘」に嫌気も

サラリーマンにとって“我慢料”とも呼ばれている月給が上がって文句をいう人はまずいないだろう。ただ、その賃上げを個々の企業の労使ではなく国を動かす立場の首相が要請するのはやや違和感がある。

自工会池会長、「春闘は総合的な賃上げができた」 画像
自動車 ビジネス

自工会池会長、「春闘は総合的な賃上げができた」

日本自動車工業会の池史彦会長(ホンダ会長)は3月17日の定例会見で、16日に回答が示された今春闘について「ベースアップが(低いなどと)脚光を浴びたが、一時金などを含んだ総合的な賃上げができた」と評価した。

【新聞ウォッチ】潮目が変わった? 業績不振のダイハツより低い最高益更新の富士重工ベア1300円 画像
自動車 ニューモデル

【新聞ウォッチ】潮目が変わった? 業績不振のダイハツより低い最高益更新の富士重工ベア1300円

トヨタ自動車の豊田章男社長は労使協議の場で「為替の動向も含め、経営を取り巻く環境の潮目が変わった」と指摘したという。

【春闘16】富士重の一時金は6年連続満額で、トヨタに次ぐ6.5か月分に 画像
自動車 ビジネス

【春闘16】富士重の一時金は6年連続満額で、トヨタに次ぐ6.5か月分に

富士重工業(スバル)は3月16日にベースアップ(ベア)に相当する賃金改善分として1300円が回答された。要求の3000円には及ばなかったが、3年連続でのベア実施となる。

【春闘16】マツダの一時金は「特別協力金」でほぼ満額回答に 画像
自動車 ビジネス

【春闘16】マツダの一時金は「特別協力金」でほぼ満額回答に

マツダはベースアップ(ベア)が3000円の要求に対し、1200円の回答となった。ベアの実施は自動車メーカー各社同様に3年連続となる。

【春闘16】トヨタのベアは1500円…一時金は満額で過去最高水準 画像
自動車 ビジネス

【春闘16】トヨタのベアは1500円…一時金は満額で過去最高水準

トヨタ自動車はベースアップ(ベア)に当たる賃金改善分が3000円の要求に対し、1500円の回答となった。ベアの実施は3年連続となる。ベアのほかに賃金制度維持分として昨年と同額の7300円が要求どおり確保され、ベアとの合計では8800円となった。

    前 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 …10 ・・・> 次 >> 末尾
Page 3 of 19