春闘に関するニュースまとめ一覧

関連インデックス
春闘
春闘2022 ホンダと日産も満額回答へ…難局打開へ決着急ぐ 画像
自動車 ビジネス

春闘2022 ホンダと日産も満額回答へ…難局打開へ決着急ぐ

ホンダは3月9日、今春闘交渉について会社が満額回答の方向であることを労組に示したと明らかにした。自動車業界の集中回答日である来週16日に正式回答する。

2022年春闘、日産・ホンダも満額回答へ…トヨタとは一時金に格差[新聞ウォッチ] 画像
自動車 ビジネス

2022年春闘、日産・ホンダも満額回答へ…トヨタとは一時金に格差[新聞ウォッチ]

1週間後の3月16日の集中回答に向けて、2022年の春季労使交渉が本格化しているが、自動車メーカーでは、トヨタ自動車が満額回答で決着し、交渉を終えたほか、日産自動車とホンダも労働組合の要求に対し、経営者側が満額回答する方針を表明したという。

春闘2022 トヨタが回答指定日前に満額回答で妥結 画像
自動車 ビジネス

春闘2022 トヨタが回答指定日前に満額回答で妥結

自動車メーカーの2022年春闘は3月9日、トヨタ自動車の労使が満額で妥結するという異例の展開になった。同社は1回目の労使交渉が開かれた2月23日に、豊田章男社長が満額回答の意向を示していた。

2022年春闘…ベア非公表のトヨタ労組、豊田社長がいきなり“満額回答”表明[新聞ウォッチ] 画像
自動車 ビジネス

2022年春闘…ベア非公表のトヨタ労組、豊田社長がいきなり“満額回答”表明[新聞ウォッチ]

“いきなり”と言えば、ステーキのチェーン店はよく知られているが、春闘での労使交渉で,経営トップがいきなり“満額回答”を示すケースはあまり聞いたことがない。

ホンダ・マツダ・三菱自動車の労組、2年ぶりベア要求を復活[新聞ウォッチ] 画像
自動車 ビジネス

ホンダ・マツダ・三菱自動車の労組、2年ぶりベア要求を復活[新聞ウォッチ]

これから労使交渉が本格化するのが2022年の春闘である。自動車大手の労働組合などが賃上げや待遇の改善を求める今年の春闘の要求書を一斉に経営側に提出しており、きょうの各紙も大きく取り上げている。

春闘2022 ベア要求復活の動き…交渉スタート 画像
自動車 ビジネス

春闘2022 ベア要求復活の動き…交渉スタート

自動車メーカーの2022年春闘は2月16日に労組から要求が提出され、コロナ下で3年目となる交渉が始まった。業績の先行きが不透明だった昨年に比べ、2022年3月期での回復が見えてきたことから、ベースアップ(ベア)要求が復活する動きとなっている。

2022年春闘スタート、ホンダ労組2年ぶりベア3000円を要求[新聞ウォッチ] 画像
自動車 ビジネス

2022年春闘スタート、ホンダ労組2年ぶりベア3000円を要求[新聞ウォッチ]

ガソリン価格の急騰などで家計を直撃している中、2022年春闘が事実上スタートした。

自動車総連、4年連続でベア統一要求掲げず…春闘[新聞ウォッチ] 画像
自動車 ビジネス

自動車総連、4年連続でベア統一要求掲げず…春闘[新聞ウォッチ]

「新しい資本主義」の実現に向けて、岸田首相も春闘での「3%賃上げ」を要請しているなか、自動車業界の労働組合が加盟する自動車総連が、2022年春闘の方針を発表した。

春闘集中回答---日産も賃上げ満額、スバルは8年ぶりベアゼロ[新聞ウォッチ] 画像
自動車 ビジネス

春闘集中回答---日産も賃上げ満額、スバルは8年ぶりベアゼロ[新聞ウォッチ]

2021年の春闘が集中回答日を迎え、自動車や電機メーカーなどの大手企業が労働組合の要求に対して一斉回答を行ったが、新型コロナウイルス感染の収束が見通せないなかで、妥結額が前年を下回る企業が相次いだという。

春闘2021…トヨタは賃上げ・一時金とも満額回答 3年でデジタル化を集中推進 画像
自動車 ビジネス

春闘2021…トヨタは賃上げ・一時金とも満額回答 3年でデジタル化を集中推進

自動車メーカーの2021年春季団体交渉は3月17日、一斉に経営側から回答が提示された。最大手のトヨタ自動車は、組合員平均月9200円の賃上げ総額、6.0か月の年間一時金要求ともに満額回答が提示された。

春闘2021…ホンダが回答指定1週間前に一時金5.3か月の満額回答 画像
自動車 ビジネス

春闘2021…ホンダが回答指定1週間前に一時金5.3か月の満額回答

ホンダは3月10日の春闘労使交渉で、会社側が年間一時金の満額回答を示し、事実上の決着となった。自動車総連は3月17日を集中回答日にしているが、それよりも1週間早い異例の回答となった。

春闘2021…交渉スタート、自動車メーカーのベアは非公表・要求見送りに 画像
自動車 ビジネス

春闘2021…交渉スタート、自動車メーカーのベアは非公表・要求見送りに

自動車メーカーの2021年春闘は2月17日に一斉に労組から要求が提出された。コロナ禍で業績の先行きが不透明ななか、要求ではベースアップ(ベア)に相当する賃金改善分を非公表としたり、要求を見送るなど春闘自体も混沌とした幕開けとなった。

コロナ下の2021年春闘---ホンダ・マツダ・三菱自労組、8年ぶりベア要求見送り、トヨタ労組は「非公表」[新聞ウォッチ] 画像
自動車 ビジネス

コロナ下の2021年春闘---ホンダ・マツダ・三菱自労組、8年ぶりベア要求見送り、トヨタ労組は「非公表」[新聞ウォッチ]

新型コロナウイルスの世界的流行に伴う企業業績の悪化が、自動車業界の今春闘のベースアップ(ベア)要求などにも大きな影を落としている。

自工会 豊田会長「ベア一辺倒から総額議論に変化し、賃上げは継続」…2020年春闘を評価 画像
自動車 ビジネス

自工会 豊田会長「ベア一辺倒から総額議論に変化し、賃上げは継続」…2020年春闘を評価

日本自動車工業会の豊田章男会長は3月19日の記者会見で2020年の春闘交渉について「以前は賃金をどうするかに焦点が当たっていたが、変革の時代をいかに生き抜いていくか、競争力を高めるためにお互い何をすべきか真剣に話し合った」と、評価した。

春闘2020…乗用車メーカーの一時金はトヨタ、日産除く6社が満額割れに 画像
自動車 ビジネス

春闘2020…乗用車メーカーの一時金はトヨタ、日産除く6社が満額割れに

自動車メーカーの2020年春闘は3月11日に一斉に会社側から回答が提示された。トヨタ自動車がベースアップ(ベア)に相当する賃金改善分をゼロとするなど、労組には厳しい交渉結果となった。

    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 …10 …20 ・・・> 次 >> 末尾
Page 1 of 20