川崎大輔の流通大陸ニュースまとめ | レスポンス(Response.jp)

川崎大輔の流通大陸に関するニュースまとめ一覧

【川崎大輔の流通大陸】ようやく動いたホンダ、ミャンマー初の認定サービス工場 画像
自動車 ビジネス

【川崎大輔の流通大陸】ようやく動いたホンダ、ミャンマー初の認定サービス工場

ミャンマー初のホンダ認定サービス工場、HONDA AUTHORIZED SERVICE SHOP(HASS)の日本人責任者、上野氏にミャンマーでの整備ビジネスの現状について話を聞いた。

【川崎大輔の流通大陸】右ハンドル輸入規制、どう変わるかミャンマー新車市場 画像
自動車 ビジネス

【川崎大輔の流通大陸】右ハンドル輸入規制、どう変わるかミャンマー新車市場

2018年にはついにミャンマー政府は中古車政策によって、右ハンドル車の輸入が乗用車、商用車、共に禁止とした。実質、日本からの中古車輸出が不可能になった。これから新車市場がどのようになって行くのか?三菱ミャンマー代表の西川氏に話を聞いた。

【川崎大輔の流通大陸】エリート整備エンジニア、スカイブルーが日本整備業界を救う 画像
自動車 ビジネス

【川崎大輔の流通大陸】エリート整備エンジニア、スカイブルーが日本整備業界を救う

2018年2月にハノイにある自動車学部を持つ大学、技能実習生の送り出し機関を訪問。人材が不足する日本の整備業界にとって、ベトナム人のスカイブルーを活用した循環型スキームをしっかりと考えていく必要を感じた。

【川崎大輔の流通大陸】中小企業が勝ち残る、カンボジア自動車アフターマーケット 画像
自動車 ビジネス

【川崎大輔の流通大陸】中小企業が勝ち残る、カンボジア自動車アフターマーケット

自動車アフタービジネスの日系中小企業がカンボジア市場に期待をよせる。日本のバランスウェイトメーカーである(株)マルエムもその1つだ。代表の巖谷(いわや)氏にカンボジアでの販路拡大の魅力をきいた。

【川崎大輔の流通大陸】インドネシア、オークションが目指す方向性 画像
自動車 ビジネス

【川崎大輔の流通大陸】インドネシア、オークションが目指す方向性

日本の中古車市場が辿ってきた道をインドネシアも辿ることになれば、日系企業はインドネシアにおいて何をしていくべきか。インドネシアにおける中古車流通オークションの現状から方向性を示してみた。

【川崎大輔の流通大陸】タイの自動車部品企業を支える梱包カンパニー 画像
自動車 ビジネス

【川崎大輔の流通大陸】タイの自動車部品企業を支える梱包カンパニー

自動車生産に関わるのは部品メーカーだけではない。今回はタイで自動車部品を流通する際の包装設計と梱包材を手がけるカネパッケージ(タイランド)の責任者、荒幡氏にインタビューをした。

【川崎大輔の流通大陸】気になるモンゴルの自動車マーケット 画像
自動車 ビジネス

【川崎大輔の流通大陸】気になるモンゴルの自動車マーケット

2016年に訪問したモンゴル。当時は、都市計画プロジェクトによる郊外オートモールの設置、また拡大するハイブリット自動車(HV)の輸入、など自動車市場が大きく変化している時期であったがその後モンゴルの自動車市場にどんな変化が起こったのだろうか?

【川崎大輔の流通大陸】マレーシア、中古車検査で業界の活性化となるか 画像
自動車 ビジネス

【川崎大輔の流通大陸】マレーシア、中古車検査で業界の活性化となるか

マレーシアで中古車検査ビジネスをスタートした株式会社オークネット。現在の取り組みについてオークネット(マレーシア)の担当者に話を聞いた。

【川崎大輔の流通大陸】グローバル流通が不可欠、これからの自動車リサイクル 画像
自動車 ビジネス

【川崎大輔の流通大陸】グローバル流通が不可欠、これからの自動車リサイクル

1969年の創業以来自動車リサイクル業を営む会宝産業。従来の解体業から脱し、グローバルな静脈産業と称するビジネスモデルを創(つく)り出した近藤会長に、具体的な取り組みと今後の展望について話を聞いた。

【川崎大輔の流通大陸】タイ中古車流通がもつ3つの特徴 画像
自動車 ビジネス

【川崎大輔の流通大陸】タイ中古車流通がもつ3つの特徴

タイの中古車流通を理解するためには3つの特徴を知る必要がある。将来、タイ中古車流通市場がアセアンの中古車を供給する国となることは間違いない。

【川崎大輔の流通大陸】獲得すべき市場、アセアン自動車アフターマーケット 画像
自動車 ビジネス

【川崎大輔の流通大陸】獲得すべき市場、アセアン自動車アフターマーケット

これからアセアンの市場は獲得すべき市場へと変化する。さらに自動車アフターマーケットの市場拡大が加速されていくことは間違いない。

【川崎大輔の流通大陸】台湾における中古車流通 画像
自動車 ビジネス

【川崎大輔の流通大陸】台湾における中古車流通

2017年9月に台湾を訪問し中古車流通を調査した。ネットワーク化された中古車ディーラーブランドが多く存在する。日本に比べるとまだ遅れているが、アセアン各国に比べると中古車流通が発展している市場だ。

【川崎大輔の流通大陸】インドネシアで探る自動車アフタービジネスの魅力とは? 画像
自動車 ビジネス

【川崎大輔の流通大陸】インドネシアで探る自動車アフタービジネスの魅力とは?

2017年8月にインドネシアに1ヶ月滞在しインドネシアの自動車市場について調査を行う機会を得た。日本の自動車アフタービジネスの企業にとっては大きな優位があると感じた。

【川崎大輔の流通大陸】台湾、オークションで変わる中古車流通 画像
自動車 ビジネス

【川崎大輔の流通大陸】台湾、オークションで変わる中古車流通

台湾で中古車オークションを開催する大手企業、行将の洪総経理にオークションビジネスの現状について話を聞いた。

【川崎大輔の流通大陸】レクサス、日本のおもてなしでタイ人の心を掴む 画像
自動車 ビジネス

【川崎大輔の流通大陸】レクサス、日本のおもてなしでタイ人の心を掴む

2017年9月にバンコクのスクムウィットにあるレクサスショールームを訪問、レクサスオートシティ社の総責任者である吉田広宣ゼネラルマネージャーにタイにおけるレクサスについて話を聞いた。

【川崎大輔の流通大陸】中古車販売店から見たインドネシア中古車市場 画像
自動車 ビジネス

【川崎大輔の流通大陸】中古車販売店から見たインドネシア中古車市場

2017年8月、インドネシアの首都ジャカルタ周辺の中古車販売店を訪問。現場にいるインドネシア人から、現在のインドネシア中古車市場について生の声を聞いてきた。

【川崎大輔の流通大陸】新車天国ラオスと中古車天国カンボジアの未来 画像
自動車 ビジネス

【川崎大輔の流通大陸】新車天国ラオスと中古車天国カンボジアの未来

新中の全く正反対の自動車販売構造をもつアセアンの新興国ラオスとカンボジア。2国の新興国市場の未来はどうなっていくのか。

【川崎大輔の流通大陸】インドネシア、中古車オークションの浸透 画像
自動車 ビジネス

【川崎大輔の流通大陸】インドネシア、中古車オークションの浸透

インドネシアにおける自動車オークションビジネスの変化について、株式会社ジャパンバイクオークション(JBA)インドネシアの代表、塩山氏に話を聞いた。

【川崎大輔の流通大陸】ベトナム初の日系中古車ディーラーの壮途 画像
自動車 ビジネス

【川崎大輔の流通大陸】ベトナム初の日系中古車ディーラーの壮途

ベトナムのホーチミンで2017年7月8日にグランドオープンした日系中古車ディーラー”Auto Avenue Tokyo”。代表の伊藤氏にベトナムビジネスの課題と展望を聞いた。

【川崎大輔の流通大陸】中古車天国カンボジアに広まる新車需要 画像
自動車 ビジネス

【川崎大輔の流通大陸】中古車天国カンボジアに広まる新車需要

トリペッチいすゞは2016年3月、プノンペンとラオスの首都ビエンチャンに事務所を開設した。新興国における新車での本格参入を目指す。いすゞのカンボジア・ラオスの駐在員事務所の小田垣氏、伊藤氏にいすゞ独自の資料をもとに話を聞いた。

【川崎大輔の流通大陸】タイ人の手で、タイ板金塗装業界に革命 画像
自動車 ビジネス

【川崎大輔の流通大陸】タイ人の手で、タイ板金塗装業界に革命

2016年3月にカーコンタイ1号店がグランドオープンしてから1年以上がたった。日系の板金塗装会社がタイで1年ビジネスを行う中で見えてきた課題、そしてこれからの展望を現地責任者である村松氏に語ってもらった。

【川崎大輔の流通大陸】転換期へ向かうバイク天国ベトナム 画像
自動車 ビジネス

【川崎大輔の流通大陸】転換期へ向かうバイク天国ベトナム

道路を走っている8割以上がバイクのベトナム。アセアンで最大のバイク普及国だ。ホンダベトナム(HVN)も2017年度(17年4月から18年3月)はバイク10モデルを新たに投入する計画だけでなく、新たな大型バイク市場にも参入を予定している。

【川崎大輔の流通大陸】アセアン最大の2輪流通市場、インドネシアの今 画像
自動車 ビジネス

【川崎大輔の流通大陸】アセアン最大の2輪流通市場、インドネシアの今

公共輸送機関サービスが貧弱なアセアン域内では、富裕層は車、庶民層は2輪車を購入する。アセアンで最大の2輪車流通市場のインドネシアの今を探ってみる。

【川崎大輔の流通大陸】タイの中古部品流通、奮闘する日系企業 画像
自動車 ビジネス

【川崎大輔の流通大陸】タイの中古部品流通、奮闘する日系企業

タイの中古部品ビジネスの市場はまだまだ薄暗いグレーな市場だ。そこで奮闘する日本からきた中古自動車部品会社がある。

【川崎大輔の流通大陸】“プレモーターリゼーション期”のベトナム自動車市場が伸びる理由 画像
自動車 ビジネス

【川崎大輔の流通大陸】“プレモーターリゼーション期”のベトナム自動車市場が伸びる理由

タイをはじめとした周辺国に比べまだ規模が小さいベトナムであるが、アセアン市場全体の伸びを大きく上回る2ケタ成長となっている。ベトナム新車市場の拡大の後には中古車・アフターマーケットの活性化が期待できる。

    1 2 3 4 > 次
Page 1 of 4