SUBARU スバル(コーポレート、企業動向)に関するニュースまとめ一覧(2 ページ目)

関連インデックス
スバル(ブランド、自動車) エアバス ボーイング ホンダジェット 三菱重工業 トヨタ自動車
スバル 岡田専務「第4四半期も販売は堅調に推移」…半導体不足で通期営業利益は下方修正 画像
自動車 ビジネス

スバル 岡田専務「第4四半期も販売は堅調に推移」…半導体不足で通期営業利益は下方修正

SUBARU(スバル)が2月5日に電話会議で発表した2021年3月期の第3四半期(4~12月期)連結決算は、主力の米国販売が10~12月期に前年を上回るなど回復に転じ、営業利益は983億円(前年同期比36%減)となった。

スバルの世界生産、コロナ禍影響で10.4%減の88万4874台 2020年 画像
自動車 ビジネス

スバルの世界生産、コロナ禍影響で10.4%減の88万4874台 2020年

SUBARU(スバル)は1月28日、2020年暦年(1~12月)の生産・国内販売・輸出実績(速報)を発表。世界生産台数は新型コロナウイルス感染症の影響を受け、前年比10.4%減の88万4874台で3年連続のマイナスとなった。

スバル、半導体不足で国内生産拠点の操業を停止…1月15日・16日 画像
自動車 ビジネス

スバル、半導体不足で国内生産拠点の操業を停止…1月15日・16日

SUBARU(スバル)は、世界的な半導体不足の影響により、群馬製作所および大泉工場の操業を1月15日・16日の2日間、停止すると発表した。

スバル、技術統括本部にCTO室を新設…部門横断でモノづくりの課題解決 画像
自動車 ビジネス

スバル、技術統括本部にCTO室を新設…部門横断でモノづくりの課題解決

SUBARU(スバル)は、技術統括本部にCTO(最高技術責任者)室を新設する組織改正を2021年1月1日付で行った。

スバルの海外生産が33.6%減、部品輸送の遅れで生産調整 11月実績 画像
自動車 ビジネス

スバルの海外生産が33.6%減、部品輸送の遅れで生産調整 11月実績

SUBARU(スバル)は12月25日、2020年11月の生産・国内販売・輸出実績(速報)を発表。世界生産台数は前年同月比17.1%減の8万1164台で5か月ぶりのマイナスとなった。

862馬力のスバル WRX STI、新型 BRZ とドーナツターンで競演…『ジムカーナ2020』 画像
モータースポーツ/エンタメ

862馬力のスバル WRX STI、新型 BRZ とドーナツターンで競演…『ジムカーナ2020』

◆ケン・ブロックの後を受け継いだトラビス・パストラーナ ◆フルカーボンのボディをまとうワイルドすぎるWRX STI ◆2.3リットルに拡大されたボクサーは最大トルク91.8kgm ◆車両重量は1190kgでパワーウェイトレシオは1.38kg/hp

スバル×KDDI、通信を活用した「つながる安全」を提供開始 画像
自動車 テクノロジー

スバル×KDDI、通信を活用した「つながる安全」を提供開始

SUBARU(スバル)とKDDIは通信を活用したパートナーシップを構築し、新型『レヴォーグ』を皮切りに、「つながる安全」を実現するコネクティッドサービスの提供を開始した。

スバル、AI開発拠点を渋谷に開設…アイサイトとAIの融合を加速 画像
自動車 テクノロジー

スバル、AI開発拠点を渋谷に開設…アイサイトとAIの融合を加速

SUBARU(スバル)は、AI開発拠点「スバルラボ」を2020年12月、野村不動産が展開するサービス付小規模オフィス「H1O(エイチワンオー)渋谷三丁目」(東京都渋谷区)内に開設すると発表した。

明暗を分けた中間決算---スバル営業利益上振れ、三菱自2098億円最終赤字[新聞ウォッチ] 画像
自動車 ビジネス

明暗を分けた中間決算---スバル営業利益上振れ、三菱自2098億円最終赤字[新聞ウォッチ]

気になるニュース・気になる内幕。今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップし、その内幕を分析する新聞ウォッチ。…………

スバル 中村社長「北米は想定よりも早い回復」…通期営業利益を1100億円に上方修正 画像
自動車 ビジネス

スバル 中村社長「北米は想定よりも早い回復」…通期営業利益を1100億円に上方修正

SUBARU(スバル)が11月4日に電話会議で発表した2021年3月期の第2四半期(4~9月期)連結決算は、営業利益が306億円(前年同期比68%減)の黒字となった。主力の北米市場の回復が進んでおり、通期予想は上方修正した。

スバル、237億円の最終黒字に転換…通期予想も上方修正 2020年4-9月期決算 画像
自動車 ビジネス

スバル、237億円の最終黒字に転換…通期予想も上方修正 2020年4-9月期決算

SUBARU(スバル)は11月4日、2020年4~9月期(第2四半期累計)の連結決算を発表。新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染拡大の影響で4~6月期は157億円の最終赤字だったが、237億円の黒字に転換した。

【スバル レヴォーグ 新型】飛行機に車を積み込むデモ…コラボした理由[動画] 画像
自動車 ニューモデル

【スバル レヴォーグ 新型】飛行機に車を積み込むデモ…コラボした理由[動画]

スバルは15日、新型『レヴォーグ』の発表イベントを、成田空港の日本航空(JAL)ハンガー内で開催した。関連して、ハンガー内のボーイング787に新型レヴォーグを積み込むデモが行われた。

【スバル レヴォーグ 新型】JAL役員が乗って感心…守られていることを実感 画像
自動車 ニューモデル

【スバル レヴォーグ 新型】JAL役員が乗って感心…守られていることを実感

イベントでは、スバル代表取締役社長 中村知美氏の挨拶、新型車の紹介、プロジェクトマネージャとJAL役員によるトークセッション、そしてハンガー内のボーイング787に新型レヴォーグを積み込むデモが行われた。

スバル米国販売、フォレスター が新記録 2020年1-9月 画像
自動車 ビジネス

スバル米国販売、フォレスター が新記録 2020年1-9月

SUBARU(スバル)の米国部門のスバルオブアメリカは10月1日、2020年1~9月の新車販売の結果を発表した。総販売台数は43万6560台。前年同期比は16.9%減とマイナスに転じている。

【スバル レヴォーグ 新型試乗】サーキットで実感、やっぱり期待を裏切らなかった…中村孝仁 画像
試乗記

【スバル レヴォーグ 新型試乗】サーキットで実感、やっぱり期待を裏切らなかった…中村孝仁

◆今回のレヴォーグは、間違いなくお買い得 ◆躊躇せずにアクセルを踏める ◆「ボディ剛性のアップ」と「マスオフセットの低減」

    前 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 …10 …20 ・・・> 次 >> 末尾
Page 2 of 124