池原照雄の単眼複眼に関するニュースまとめ一覧

【池原照雄の単眼複眼】トップ10で成長確保はVWとトヨタのみ…苦戦目立った19年の世界新車販売 画像
自動車 ビジネス

【池原照雄の単眼複眼】トップ10で成長確保はVWとトヨタのみ…苦戦目立った19年の世界新車販売

自動車メーカーの2019年における世界新車販売台数を連結またはグループベースで集計し、上位10社(グループ)をランキングした。

【池原照雄の単眼複眼】トヨタ、リアルワールドの先進技術実証タウン…投資額1000億円超のプロジェクトに 画像
自動車 ビジネス

【池原照雄の単眼複眼】トヨタ、リアルワールドの先進技術実証タウン…投資額1000億円超のプロジェクトに

トヨタ自動車が自動運転技術やロボット、スマートホームなどの開発のため、人が暮らしながら実証実験できる「コネクティッド・シティ」を富士山のふもと、静岡県裾野市に建設する計画を公表した。

【展望2020 その3】日欧そして中国へと日本車EVが本格始動 画像
エコカー

【展望2020 その3】日欧そして中国へと日本車EVが本格始動

◆トヨタは日本では2人乗り超小型車でスタート ◆同容量35.5kWhのバッテリーを搭載して欧州に乗り出すホンダとマツダ ◆中国に3モデルを投入し、BYDとも合弁を設立するトヨタ

【展望2020 その2】国内市場は500万台維持で堅調に…トヨタチャンネル統合の波紋も 画像
自動車 ビジネス

【展望2020 その2】国内市場は500万台維持で堅調に…トヨタチャンネル統合の波紋も

◆新モデルや高齢者へのサポカー購入補助が需要復元の力に ◆5月には国内4チャンネルを実質統合するトヨタ ◆店舗統廃合も動き出し、販売力への影響は?

【展望2020 その1】日本から自動運転技術の進化を発信 画像
自動車 テクノロジー

【展望2020 その1】日本から自動運転技術の進化を発信

◆東京オリンピック・パラリンピックを機に東京で産官学の試乗イベント ◆トヨタはお台場でMaaS向けの「レベル4」実験車を走らせる ◆ホンダは高速道路の渋滞時に限定した「レベル3」の自動運転車を市販へ

【池原照雄の単眼複眼】深遠な車両ビッグデータと格闘するトヨタとNTTグループ…コネクティッドカーの情報通信基盤開発 画像
自動車 ビジネス

【池原照雄の単眼複眼】深遠な車両ビッグデータと格闘するトヨタとNTTグループ…コネクティッドカーの情報通信基盤開発

トヨタ自動車とNTTグループが2017年3月から共同で進めているコネクティッドカー向けのICT(情報通信技術)基盤に関する共同研究開発について、このほど両社が進捗状況を説明した。

【池原照雄の単眼複眼】マツダ、魂動デザインを実現する生産・デザインの強力タッグ 画像
自動車 ビジネス

【池原照雄の単眼複眼】マツダ、魂動デザインを実現する生産・デザインの強力タッグ

量産でのデザインの忠実な再現にはプレス、車体組み立て、塗装といった生産技術力がモノを言う。自動車メーカーとしてはスモールプレーヤーならではの生産・デザイン両部門の密な連携により、高難度デザインを実現させている。

【池原照雄の単眼複眼】無料イベントも仕掛けてファンづくり…大変身する東京モーターショー2019 画像
自動車 ニューモデル

【池原照雄の単眼複眼】無料イベントも仕掛けてファンづくり…大変身する東京モーターショー2019

10月24日に開幕する東京モーターショー2019は、広域となる会場や大掛かりな無料イベントの導入など、かつてなく新機軸と見どころがいっぱいだ。新たなモーターショーの姿を模索していくだけに、社会がどう反応するかも見どころとなる。

【池原照雄の単眼複眼】ホンダやトヨタ、中古車強化で系列販社を支援---新車市場縮小にらみ 画像
自動車 ビジネス

【池原照雄の単眼複眼】ホンダやトヨタ、中古車強化で系列販社を支援---新車市場縮小にらみ

自動車メーカー各社が国内系列販売会社の中古車事業の強化を支援する動きを活発化させている。中古車販売がもたらす利益は、直接的にはメーカーの収益にはならないものの、販売会社の体力を強めることで新車販売の促進につながる。

【池原照雄の単眼複眼】マツダ、インセンティブ抑制の「売り方」改革が正念場 画像
自動車 ビジネス

【池原照雄の単眼複眼】マツダ、インセンティブ抑制の「売り方」改革が正念場

マツダの第1四半期(4~6月期)連結業績は、営業利益が前年同期比79%減と大幅に悪化した。グローバルの販売台数が12%落ち込んだのに加え、為替の円高やパワーステアリングの訴訟に関連した品質費用といった一時的な悪化要因もあった。

【池原照雄の単眼複眼】急ごう! 後付け踏み間違い対策装置の普及…行政はやっと自動車メーカーに要請 画像
自動車 テクノロジー

【池原照雄の単眼複眼】急ごう! 後付け踏み間違い対策装置の普及…行政はやっと自動車メーカーに要請

残念ながら、暴走するクルマが歩行者や他の車両などを巻き込むという悲惨な事故が、なかなか防げない。ドライバーは高齢者で、原因はアクセルとブレーキの踏み間違いというケースが目立つ。

【池原照雄の単眼複眼】ダイハツ タント 新型は N-BOX を引きずり下せるか?…新開発手法DNGAの試金石に 画像
自動車 ビジネス

【池原照雄の単眼複眼】ダイハツ タント 新型は N-BOX を引きずり下せるか?…新開発手法DNGAの試金石に

軽自動車の技術進化がこの夏に一段と進み、それに伴ってメーカー間のシェア争いも激しさを増すのが必至だ。

【池原照雄の単眼複眼】マツダ、FR車復活とブランド重視の中期経営方針…直6エンジン強化 画像
自動車 ビジネス

【池原照雄の単眼複眼】マツダ、FR車復活とブランド重視の中期経営方針…直6エンジン強化

◆インセンティブ抑制を優先し、グローバル販売は180万台に修正 ◆3リットル級の「SKYACTIV-X」と「SKYACTIV-D」を新開発 ◆欧州ブランドに勝てる操安性や走行性を

【池原照雄の単眼複眼】どっこいHVの時代は続く…トヨタ、システム販売で電動化支援 画像
自動車 ビジネス

【池原照雄の単眼複眼】どっこいHVの時代は続く…トヨタ、システム販売で電動化支援

トヨタ自動車がハイブリッド車(HV)などで培った車両電動化技術のオープン戦略に踏み出した。モーターやPCU(パワーコントロールユニット)、システム制御など電動化分野で保有する特許約2万3740件を2030年まで無償提供する。

【池原照雄の単眼複眼】トヨタ、定額支払い「愛車サブスクリプション」の成否は? 画像
自動車 ビジネス

【池原照雄の単眼複眼】トヨタ、定額支払い「愛車サブスクリプション」の成否は?

◆サービス名はあの人の理想のクルマ像 ◆3年契約でプリウスはおよそ月5万円から ◆モビリティカンパニーを象徴する新事業に

【池原照雄の単眼複眼】明暗分けた堅調日欧勢と苦戦の米2社…2018年世界新車販売 画像
自動車 ビジネス

【池原照雄の単眼複眼】明暗分けた堅調日欧勢と苦戦の米2社…2018年世界新車販売

世界の自動車メーカーの2018年新車販売台数を連結またはグループベースで集計し、上位10社をランキングした。各社の発表データに基づくもので、一部は卸売りや出荷での集計となっている。

【池原照雄の単眼複眼】今年の新車購入、お得なタイミングは?…消費税増税と自動車税減税が一度に 画像
自動車 ビジネス

【池原照雄の単眼複眼】今年の新車購入、お得なタイミングは?…消費税増税と自動車税減税が一度に

◆売れ筋車種では「初の恒久減税」 ◆19年の税負担は3つの期間で異なる ◆総じて軽自動車は9月まで、登録車は10月以降が買い時に

【池原照雄の単眼複眼】業界悲願の「自動車税」減税が実現…19年10月の消費税増税を機に 画像
自動車 社会

【池原照雄の単眼複眼】業界悲願の「自動車税」減税が実現…19年10月の消費税増税を機に

与党の税制調査会が12月13日に発表する2019年度税制改正大綱で登録車(排気量660cc超)に毎年課税されている「自動車税」の減税措置が盛り込まれることになった。

【池原照雄の単眼複眼】日産、中国ローカルブランドの「ヴェヌーシア」に注力…高付加価値路線で勝負 画像
自動車 ビジネス

【池原照雄の単眼複眼】日産、中国ローカルブランドの「ヴェヌーシア」に注力…高付加価値路線で勝負

日産自動車が中国の合弁事業で、ローカルブランドと呼ばれる中国固有ブランドの育成強化に力を入れている。

【池原照雄の単眼複眼】CASEが新たな求心力に…ゴーン後の日産・ルノー・三菱アライアンス 画像
自動車 ビジネス

【池原照雄の単眼複眼】CASEが新たな求心力に…ゴーン後の日産・ルノー・三菱アライアンス

◆当社やパートナーシップに影響を与える事案ではない ◆ガバナンスを見直す好機が訪れた ◆アライアンスを崩す余裕などない

【池原照雄の単眼複眼】原材料高などで2期ぶり営業減益へ…逆風受ける乗用車7社の2019年3月期 画像
自動車 ビジネス

【池原照雄の単眼複眼】原材料高などで2期ぶり営業減益へ…逆風受ける乗用車7社の2019年3月期

乗用車メーカー7社の2019年3月期の第2四半期累計(4~9月期)業績は、原材料費の上昇や新興国通貨の下落影響があったもののトヨタ自動車など4社が営業増益となった。通期の業績予想についても3社が上方修正した。

【池原照雄の単眼複眼】トヨタ、国内販売網は「全店全車種」扱いに…円滑な縮小均衡に備える 画像
自動車 ビジネス

【池原照雄の単眼複眼】トヨタ、国内販売網は「全店全車種」扱いに…円滑な縮小均衡に備える

◆戦後間もなくGMを参考に複数チャンネル化

【池原照雄の単眼複眼】スズキ会長、世界1、2位市場に背を向ける---インド500万台への勝算は? 画像
自動車 ビジネス

【池原照雄の単眼複眼】スズキ会長、世界1、2位市場に背を向ける---インド500万台への勝算は?

スズキが中国で現地メーカー2社との合弁を相次いで解消した。ライセンス生産は一部残すものの、事実上の事業撤退となる。同社の四輪車部門としては2012年の米国に次いでの撤退…

【池原照雄の単眼複眼】格差広がった乗用車7社の第1四半期…営業利益率は2ケタ乗せのスズキがトップに 画像
自動車 ビジネス

【池原照雄の単眼複眼】格差広がった乗用車7社の第1四半期…営業利益率は2ケタ乗せのスズキがトップに

乗用車7社の2019年3月期の第1四半期(4~6月期)決算は増益が4社、減益が3社となり、近年になく企業間格差が広がる結果となった。

【池原照雄の単眼複眼】コネクティッドカーで先陣のトヨタ…ユーザーの評価・反応は? 画像
自動車 ビジネス

【池原照雄の単眼複眼】コネクティッドカーで先陣のトヨタ…ユーザーの評価・反応は?

トヨタ自動車は、「初代コネクティッドカー」として6月に新型『クラウン』と『カローラスポーツ』を発売し、業界では先駆的な「つながる」技術の本格導入を始めた。2020年までに日米では、ほぼすべての乗用車をコネクティッドカーとする計画……

    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 …10 …20 ・・・> 次 >> 末尾
Page 1 of 20