ホンダ インサイトに関するニュースまとめ一覧(14 ページ目)

世界は、新しい価値観を求めている。
正しさの先へ。常識の先へ。承認欲求の先へ。
あなたが思うより、あなたは自由だ。
他人の評価に惑わされず、
ただ、美しいと信じるほうへ走りだせばいい。

あなたは あなたを、走れ。

ホンダ NEW INSIGHT.

詳しくはこちら

  • 【ホンダ インサイト 新型】現実主義の女心を心得た、自由に生きる人生を楽しむためのパートナー

    ホンダ インサイト

    瞳を大きく輝かせた思い出たちが、女性に凛とした強さとしなやかさを生み出すように、時代を切り開いたクルマたちもまた、未来への確信とさらなる希望をもたらしてくれる。贅沢なアルミボディのハイブリッド2シーターとして1999年に登場し、低燃費世界一を達成して私たちをアッと驚かせた初代『インサイト』から、もうすぐ20年。価格もキャラクターもフレンドリーになった2代目インサイトの功績もあって、今では街のそこかしこでハイブリッドカーを見かける、誰もが夢に見た世界が広がっている。

    続きを読む
  • 【ホンダ インサイト 新型】「セダンの本質を知っている人に選んでほしい」、変わりつつあるHVの価値に新提案…デザイナーインタビュー

    ホンダ インサイト

    新型『インサイト』は、しっとりとして落ち着いたたたずまいを見せる。ハイブリッドだからという特別な演出はなく、セダンとしてのフォーマルさを重視したシックな装いだ。これはどのような意図でデザインされたものなのだろうか。インサイトのデザインを担当したデザイナー陣に聞いた。

    続きを読む
  • 【ホンダ インサイト 新型】「デザインを性能に具現化」、作り込まれたプライムセダン…開発者インタビュー

    ホンダ インサイト

    新型インサイトのコンセプトキーワードのひとつが「プライム」だ。ただ高級であるとか高価であるのとは違った「上質な」という意味が込められている。上質であることは「タイムレス」「ミニマム」という言葉でも表現できるとする。これらは新型インサイトの国内プレリリースの席で、開発責任者である堀川克己氏が語った言葉だが、その意味について、堀川氏以下、内外装、電装品、プラットフォームなど各部の開発に携わったエンジニアに、それぞれの立場で語ってもらった。

    続きを読む
  • ミドルクラスセダン復権の兆し!? 注目4車種デザイン比較…インサイト、カムリほか

    ホンダ インサイト

    日本では、セダン人気の低迷が囁かれて久しい。市場の主役は、コンパクトクラスではハッチバックとSUV、それ以上のクラスではミニバンとSUVが担っている。かつてはどのクラスでも「基本中の基本」として数多くのセダンが存在していたが、いまやすっかり少数派になってしまった。しかし世界を見渡せば、先進国でも新興国でも「フォーマルさ」というセダンの価値は変わっていない。日本でもラージクラスでは法人需要が確実に存在しているし、大衆レベルでも生活道具としてのミニバンやSUVとは一線を画したフォーマルさを求める層が存在する。

    続きを読む
関連インデックス
ホンダ(本田技研工業) ホンダ CR-Z ハイブリッドカー HV
プリウス vs インサイト…満タン 無給油で鹿児島をめざす 画像
モータースポーツ/エンタメ

プリウス vs インサイト…満タン 無給油で鹿児島をめざす

新型トヨタ『プリウス』が爆発的なヒットを飛ばしている。受注件数は10万台を突破し、納車は半年以上待たなければならないというこの状況。

【新聞ウォッチ】どっきり! ホンダがレースを“再開”? 画像
モータースポーツ/エンタメ

【新聞ウォッチ】どっきり! ホンダがレースを“再開”?

「Hondaが、レースを始めます。」そんなキャッチコピーの全面広告がきょうの読売、朝日、毎日の3紙に掲載されている。昨年末、ホンダはF1レースからの完全撤退を決めたばかり。それが半年もしないで“再開”とは?

ホンダ インサイト …エコ運転を競う「エコグランプリ」開始 画像
エコカー

ホンダ インサイト …エコ運転を競う「エコグランプリ」開始

ホンダはハイブリッド車『インサイト』のユーザーで車載情報通信システムのインターナビ・プレミアムクラブに加入している人を対象に、にエコ運転技術の向上を競う「エコグランプリ」を12日から始める。

エコカー開発戦線、勝負あり!…『3年後に生き残るクルマ』 画像
モータースポーツ/エンタメ

エコカー開発戦線、勝負あり!…『3年後に生き残るクルマ』

自動車メーカーがしのぎを削るエコカー開発、ホンダ『インサイト』とトヨタ『プリウス』が、ハイブリッドカーの販売競争を繰り広げる中、三菱の電気自動車『i-MiEV』が静かに動き出した。

エコカー見積ランキング、プリウス がトップ…オートックワン 画像
自動車 ビジネス

エコカー見積ランキング、プリウス がトップ…オートックワン

オートックワンは、エコカー減税対象車の見積依頼ランキングを集計。5月18日に発売されたトヨタの新型『プリウス』がシェア20%強でトップとなった。

新車見積ランキング、プリウス がトップに…オートックワン5月 画像
自動車 ビジネス

新車見積ランキング、プリウス がトップに…オートックワン5月

オートックワンが発表した5月の新車見積依頼月間ランキングによると、トヨタ自動車の新型『プリウス』がトップとなった。

新車販売、エコカー減税の効果なく2割マイナス…5月 画像
自動車 ビジネス

新車販売、エコカー減税の効果なく2割マイナス…5月

日本自動車販売協会連合会が発表した5月の新車販売台数(軽除く)は、前年同月比19.4%減の17万8503台となり、11か月連続のマイナスだった。

ホンダ、国内販売6か月ぶりプラス…4月実績 インサイト効果 画像
自動車 ビジネス

ホンダ、国内販売6か月ぶりプラス…4月実績 インサイト効果

ホンダが発表した4月の四輪車生産・販売・輸出実績によると、国内販売が前年同月比1.8%増の4万6060台と、6か月ぶりにプラスとなった。『インサイト』の販売が全体を押し上げた。

【人とくるまのテクノロジー09】プリウス と インサイト の人気を比べる 画像
自動車 ニューモデル

【人とくるまのテクノロジー09】プリウス と インサイト の人気を比べる

パシフィコ横浜で開幕した「人とくるまのテクノロジー展2009」(20 - 22日)では、エコカーの実車展示ということで、特別なブースを設けれた。

【人とくるまのテクノロジー09】童夢が インサイト プロジェクトを発表 画像
自動車 ニューモデル

【人とくるまのテクノロジー09】童夢が インサイト プロジェクトを発表

5月20 - 22日にパシフィコ横浜で開催されている「人とくるまのテクノロジー展2009」に童夢のブースを発見。と、そこにはひっくり返されたインサイトの5分の1スケールモデルが展示されていたのだ。

【トヨタ プリウス 新型発表】あのハイブリッドとは違うんです!! 画像
自動車 ニューモデル

【トヨタ プリウス 新型発表】あのハイブリッドとは違うんです!!

「あなたとは違うんです!!」。—昨年、福田康夫元総理が辞任会見で言い放った、あまりにも有名なこのセリフがよみがえってくるかのような、新型トヨタ『プリウス』の記者発表会だった(18日)。

【池原照雄の単眼複眼】プリウス、強烈なライバルへの意識 画像
自動車 ビジネス

【池原照雄の単眼複眼】プリウス、強烈なライバルへの意識

発売日までに8万台突破と、空前の予約受注となったトヨタ自動車の『プリウス』が18日に発売された。元祖ハイブリッド車(HV)メーカーの底力を見せた格好だが、販売政策は最廉価車の価格設定など、ホンダの『インサイト』を強く意識したものとなった。

10人に9人が次の愛車はハイブリッド…ユーザー調査 画像
自動車 ビジネス

10人に9人が次の愛車はハイブリッド…ユーザー調査

米国の大手調査会社、ジョンソンコントロールズ社は12日、ハイブリッドに関する意識調査の結果を公表した。10人に9人がハイブリッド車購入を望んでいる実態が判明した。

新型 インサイト の実用燃費、現行 プリウス に負ける 画像
エコカー

新型 インサイト の実用燃費、現行 プリウス に負ける

インターネットで車の燃費を管理するサービス「e燃費」(運営:IRIコマース&テクノロジー)が、4月の実用燃費を発表した。それによると新型ホンダ『インサイト』は19.2km/リットルで、現行トヨタ『プリウス』の21.0km/リットルにおよばなかった。

【新聞ウォッチ】エコカー戦国時代…インサイト 首位は三日天下、それとも 画像
モータースポーツ/エンタメ

【新聞ウォッチ】エコカー戦国時代…インサイト 首位は三日天下、それとも

軽自動車を除く4月の車名別新車販売ランキングで、ホンダのハイブリッド車『インサイト』が首位となった。ハイブリッド車がガソリン車を抑え、トップに躍り出るのは初めてのこと。各紙とも11日付夕刊の速報に続き、きょうの朝刊でもこのビッグニュースを取り上げている。

    先頭 << 前 < 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 …20 ・・・> 次 >> 末尾
Page 14 of 23