JR北海道にラッセル気動車…除雪装置を一体化したキヤ291 今冬から石北本線で試験 1枚目の写真(全9枚)
除雪装置が一体となったキヤ291形。ディーゼルエンジンは環境に配慮したものとなり、朱色のラッセル車を意味する「Vermilion Russel」という愛称が付けられる。製造価格は約5億7000万円。
《写真提供 北海道旅客鉄道》除雪装置が一体となったキヤ291形。ディーゼルエンジンは環境に配慮したものとなり、朱色のラッセル車を意味する「Vermilion Russel」という愛称が付けられる。製造価格は約5億7000万円。
長押しで
自動スライド

編集部おすすめのニュース