相模線用の新型車両は11月18日にデビュー…4両編成、オールロングシートのE131系500番代 1枚目の写真(全5枚)
「遠くまで広がる湘南の海とダイナミックな波の水しぶきを水玉模様で表現」したというE131系500番台の車体はステンレス製。前面と側面は青の濃淡で「遠くまで広がる湘南の海」をイメージ。車体幅は現行の205系500番台より150mm拡大され、最高速度は10km/h向上した110km/hとなる。
《写真提供 東日本旅客鉄道横浜支社》「遠くまで広がる湘南の海とダイナミックな波の水しぶきを水玉模様で表現」したというE131系500番台の車体はステンレス製。前面と側面は青の濃淡で「遠くまで広がる湘南の海」をイメージ。車体幅は現行の205系500番台より150mm拡大され、最高速度は10km/h向上した110km/hとなる。
長押しで
自動スライド

編集部おすすめのニュース