相模線用の新型車両は11月18日にデビュー…4両編成、オールロングシートのE131系500番代

JR東日本横浜支社は9月17日、相模線(茅ヶ崎~橋本)へ投入するE131系直流通勤型電車(E131系500番台)の営業運行を11月18日から開始すると発表した。

3月のダイヤ改正で房総各線へ0・80番台が投入された同車は、相模線205系500番代の置換え用として、2021年度中に500番台の4両編成(クモハE131-500+サハE131-500+モハE130-500+クハE130-500)12本48両が投入される計画で、朝夕の一部列車では横浜線橋本~八王子間にも乗り入れる。

基本仕様は房総用0・80番台と同様で、制御方式にSiC(シリコンカーバイト)素子を使用したVVVFインバータ制御を採用。車両状態のモニタリング機能や車内防犯カメラ、ワンマン機器、車内案内用ディスプレイ、フリースペースなどが設けられるが、車内は房総用がセミクロスシートであるのに対して、相模線用500番台はオールロングシートとなる。

製造は総合車両製作所新津事業所(新潟市秋葉区)が担当。7月には第一陣のG-01編成が登場し信越本線で試運転が実施された。同編成を含む落成車は、信越本線越後石山駅(新潟市東区)から配置先の国府津車両センターへ順次、配給輸送されている。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース