333馬力のアウディ『S3』改良新型、ファルケンの高性能タイヤ「AZENIS RS820」を純正装着

アウディ『S3』新型にファルケンの高性能タイヤ「AZENIS RS820」が純正装着
  • アウディ『S3』新型にファルケンの高性能タイヤ「AZENIS RS820」が純正装着
  • アウディS3改良新型
  • アウディS3スポーツバック改良新型
  • アウディS3セダン改良新型

ファルケンタイヤ(住友ゴム工業)は7月5日、欧州向けのアウディ『S3』改良新型に、ファルケンの高性能タイヤ「AZENIS RS820」が純正装着されると発表した。

アウディのコンパクトスポーツカーであるS3改良新型は、333hpのパワーと420Nmのトルクをクワトロとトルクスプリッターにより路面に伝える。このため、ファルケンの高性能タイヤが求められた。

ファルケンAZENIS RS820は、あらゆる走行条件下での正確なハンドリング、安定性、コントロールを念頭に設計された。非対称トレッドパターンと4つの周方向トレッドグルーブを特徴とし、改良されたショルダーデザインにより、乾燥路面での接地面積と横方向の安定性が向上している。

アウディS3改良新型アウディS3改良新型

このタイヤは、ファルケンのモータースポーツ開発から派生した最新のコンパウンドと構造技術を活用している。ハイブリッドアラミド補強材や最適化されたベルトプライにより、均一な圧力分布が実現され、動的な走行体験と安全性が向上している。

AZENIS RS820の周方向トレッドリブは、コーナリング時の横方向グリップを向上させるだけでなく、直進安定性も確保している。広く深いグルーブは水を排出し、アクアプレーニングを防止する。

もう一つの特徴は、低摩耗率と長寿命を提供するために使用されるAdvanced 4D NANO Design技術だ。高性能車両において重量も重要な要素であり、ファルケンのエンジニアは構造とコンパウンドの両方であらゆる軽量化の可能性を探求した。

この結果、ウエットおよび乾燥路面の両方で幅広い路面条件に対応する堅牢な走行特性を発揮する。ファルケンは、ドイツのインゴルシュタットで製造される『S3スポーツバック』および『S3セダン』に235/35R19タイヤを供給する。

《森脇稔》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集