日本精工、eアクスルのコンセプトを日本初公開へ…人とくるまのテクノロジー2022

日本精工のブースイメージ
  • 日本精工のブースイメージ
  • シームレス 2スピードeアクスル コンセプト(Gen2)
  • ステアバイワイヤ用操舵反力装置(FFA)とステアバイワイヤ用タイヤ転舵装置(RWA)
  • 電動油圧ブレーキ用ボールねじアクチュエータ

日本精工は、5月25~27日にパシフィコ横浜で開催される「人とくるまのテクノロジー展2022」と5月25~31日に開催されるオンライン展に出展すると発表した。

今回、シームレス2スピード eアクスルコンセプト(Gen2)を国内の展示会で初出展する。トラクションドライブ減速機と高速回転玉軸受の採用によって高速モータの適用を可能にし、システムを小型・軽量化した。磁歪式トルクセンサと電動シフトアクチュエータの組み合わせによるシームレスな2速変速を実現し、電気自動車の航続距離延伸と走行性能向上に貢献する。

また、様々なコラムタイプに対応し、ドライバーの操舵意思を読み取るとともに、路面からの反力をドライバーに伝達するステアバイワイヤ用操舵反力装置(FFA)と、FFAが捉えたドライバーの意思に応じてタイヤを転舵するステアバイワイヤ用タイヤ転舵装置(RWA)も展示する。

ボールねじに必要機能・周辺部品を一体化し、小型・軽量化・高信頼性を実現した電動油圧ブレーキ用ボールねじアクチュエータなども紹介する。


《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集