フィアット 500 と 500X にオープンルーフ…「ドルチェヴィータ」を欧州で設定

フィアット 500X と 500 の「ドルチェヴィータ」
  • フィアット 500X と 500 の「ドルチェヴィータ」
  • フィアット 500「ドルチェヴィータ」
  • フィアット 500X「ドルチェヴィータ」

フィアット(Fiat)は4月27日、欧州向けの『500』と『500X』に、「ドルチェヴィータ」を設定すると発表した。

両ドルチェヴィータは、爽快なオープンエア走行を追求しており、500は「カブリオ」がベース、500Xにはアイボリーカラーのソフトトップが装備された。ボディカラーは、どちらもジェラートホワイトだ。

500のインテリアは、フラウレザーとホワイトの500ロゴ入りアイボリーシートやウッドパネルを装備。500Xのインテリアには、アイボリーカラーのソフトタッチシートやホワイト仕上げのダッシュボードを採用した。また、両ドルチェヴィータは、パワートレインをハイブリッドのみとしている。


《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集