バンコン最大級のリチウムイオン電源システム:ケイワークス…ジャパンキャンピングカーショー2022

ケイワークスEX 7Star(ジャパンキャンピングカーショー2022)
  • ケイワークスEX 7Star(ジャパンキャンピングカーショー2022)
  • ケイワークスEX 7Star(ジャパンキャンピングカーショー2022)
  • ケイワークスEX 7Star(ジャパンキャンピングカーショー2022)
  • ケイワークスEX 7Star(ジャパンキャンピングカーショー2022)
  • ケイワークスMOハイエース(ジャパンキャンピングカーショー2022)
  • ケイワークスMOハイエース(ジャパンキャンピングカーショー2022)
  • ケイワークスMOハイエース(ジャパンキャンピングカーショー2022)
  • ケイワークスMOハイエース(ジャパンキャンピングカーショー2022)

ケイワークス(本社:愛知県豊橋市)は、2月10~13日に幕張メッセ(千葉市)で開催されたジャパンキャンピングカーショー2022に、新開発の電源システム「メビウスシステム2」を搭載したバンコン『EX 7Star』を出展した。

ケイワークスによると、ここ数年の気候の変化、車中泊人口の増加、多様化する働き方を背景に、キャンピングカーにおける電源環境は、エアコン稼働をはじめ能力需要が拡大している。ケイワークスでは、ソーラーパネルとリチウムバッテリーをバンコン搭載用に開発、「メビウスシステム」としてケイワークスのキャンピングカーに標準設定を進めてきた。炎天下でもエアコンが稼動できたり、冷蔵庫や電子レンジまで搭載できたりして、顧客の支持を得たという。

そして、発電容量の増加、電源マネジメントシステムの最適化を図ったメビウスシステム2を開発、ケイワークスのキャンピングカーに標準設定とした。バンコン最大級の容量の電源環境を謳う。

メビウスシステム2
基本構成(EX 7Star)
●リチウムイオンバッテリー(標準320Ah、最大480Ah)
●60A走行充電器、活性化機能付き(ツインバッテリー以上。シングルでは20A)
●50A外部電源充電器
●2000Wインバーター
●20A・310Wソーラーパネル
●40A MPPTソーラーコントローラー、活性化機能付き

《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集