三菱 ふそうエアロエース、左側後写鏡がワンマンバス構造要件に抵触するおそれ…リコール

三菱ふそうエアロエース
  • 三菱ふそうエアロエース
  • 改善箇所
  • 対象車両

三菱ふそうトラック・バスは12月2日、大型高速路線バス『ふそう エアロエース』の左側後写鏡がワンマンバス構造要件に抵触するおそれがあるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは、2012年7月4日から2021年3月18日までに製造された1541台。

ワンマンバスは有効寸法130mm以上×280mm以上の平面鏡を前部左窓上部付近の車室に装着することが構造要件として定められている。それに対し、対象車種は、曲率半径620mmおよび900mmの凸面鏡を装着。そのため、路線バスとして使用した場合に、ワンマンバス構造要件に抵触するおそれがある。

改善措置として、全車両、左側後写鏡の鏡面を曲率半径1000mmの対策品に交換する。

不具合および事故は起きていない。社内からの情報によりリコールを届け出た。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース