ホンダ X-ADV/NC750X、DCT車の発進時にエンストのおそれ…リコール

ホンダ X-ADV
  • ホンダ X-ADV
  • ホンダ NC750X DCT(グランプリレッド)
  • 改善箇所
  • 対象車両

ホンダは11月18日、『X-ADV』および『NC750X』6速DCT車の発進時にエンストのおそれがあるとして、リコール(回収・無償修理)を国土交通省へ届け出た。対象となるのは2021年1月28日~9月23日に製造された1576台。

対象車両は、エンジン制御コンピュータの燃料噴射制御プログラムが不適切なため、スロットルを素早く僅かに開けると、インジェクタによる燃料噴射量を正しく制御できないことがある。また、自動変速機制御コンピュータの発進時クラッチ油圧制御プログラムが不適切なため、発進時のクラッチ油圧が高いものがある。そのため、燃焼に必要な燃料噴射量が不足した際に負荷トルクが高くなり、最悪の場合、発進時にエンストするおそれがある。

改善措置として、全車両、エンジン制御コンピュータおよび自動変速機制御コンピュータを対策プログラムに書き換える。

不具合は9件発生、事故は起きていない。市場からの情報によりリコールを届け出た。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース