『SL大樹』をヘリから空撮…SLを楽しむ東武の異色企画 11月13-30日

ヘリから見た『SL大樹』。参加者にはヘリから撮影した『SL大樹』の特別映像、12月4日に下今市SL転車台広場で開催される「2021 SLファンフェスタ」の優先入場権、非売品の記念誌「『SL大樹』復活運転の軌跡」、「SL大樹カレンダー2022」が進呈される。
  • ヘリから見た『SL大樹』。参加者にはヘリから撮影した『SL大樹』の特別映像、12月4日に下今市SL転車台広場で開催される「2021 SLファンフェスタ」の優先入場権、非売品の記念誌「『SL大樹』復活運転の軌跡」、「SL大樹カレンダー2022」が進呈される。
  • 運航に使用される予定のヘリコプター。
  • 運航に使用される予定のヘリコプター。
  • SL大樹
  • SL大樹
  • 運行コース

東武鉄道(東武)は11月9日、『SL大樹』をヘリコプターから楽しむ企画を実施すると発表した。

旅行手配事業や航空運送代理事業を手掛けるAirX株式会社(東京都新宿区)と提携し、紅葉シーズンの日光・鬼怒川エリアを走行する『SL大樹』を300m上空から撮影・観覧するもので、国内では初の企画となる。

11月13~30日に実施され、当日は、EDO WONDERLAND 日光江戸村ヘリポート(栃木県日光市)から匠航空やジャパンフライトサービスのヘリコプターで飛び立ち、下今市駅から大谷川(だいやがわ)橋梁付近にかけて、または鬼怒川温泉駅から小百川(こびゃくがわ)橋梁付近にかけて飛行するコースを選ぶことができる。

運航時間は約25分で旅行代金は12万円。1フライトにつき最大3人まで搭乗できる。申込みは11月10~27日にAirXのウェブサイト上にある特設専用ページで受け付ける。

運航に使用される予定のヘリコプター。運航に使用される予定のヘリコプター。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース