BMW 2シリーズ 新型の頂点「M240i」、仮想ドライブが可能に…ゲーム『ロケットリーグ』

レースとサッカーを融合させた『ロケットリーグ』

3.0リットル直6ターボは最大出力374hp

Mスポーツディファレンシャル

BMW 2シリーズ・クーペ 新型の「M240i xDrive」を仮想ドライブできるゲーム『ロケットリーグ』
  • BMW 2シリーズ・クーペ 新型の「M240i xDrive」を仮想ドライブできるゲーム『ロケットリーグ』
  • BMW 2シリーズ・クーペ 新型の「M240i xDrive」を仮想ドライブできるゲーム『ロケットリーグ』
  • BMW 2シリーズ・クーペ 新型の「M240i xDrive」を仮想ドライブできるゲーム『ロケットリーグ』
  • BMW 2シリーズ・クーペ 新型の「M240i xDrive」を仮想ドライブできるゲーム『ロケットリーグ』
  • BMW 2シリーズ・クーペ 新型の「M240i xDrive」を仮想ドライブできるゲーム『ロケットリーグ』
  • BMW 2シリーズ・クーペ 新型の「M240i xDrive」
  • BMW 2シリーズ・クーペ 新型の「M240i xDrive」
  • BMW 2シリーズ・クーペ 新型の「M240i xDrive」

BMWは11月4日から、ゲーム『ロケットリーグ』において、新型『2シリーズクーペ』の高性能グレードの「M240i xDrive」の仮想ドライブが可能になった、と発表した。

レースとサッカーを融合させた『ロケットリーグ』

『ロケットリーグ』は、ロケット飛行やジャンプできる特殊な車を操作して、サッカーを行う架空のスポーツゲームだ。レースとサッカーを融合させたのが特徴で、全世界で150以上の「ベストゲーム」賞を受賞している。

『ロケットリーグ』のユーザーは、11月4~10日、特別な「ユナイテッド・イン・ライバルリー」カラーリングで塗装されたM240i xDriveのバーチャルバージョンを取得できる。

また、BMW Esportsは、「BMWフリースタイルトーナメント」を11月4日に開催した。招待されたゲーマーは、バーチャルなBMWM240i xDriveのみを使用して、ノックアウトラウンドで対戦している。

3.0リットル直6ターボは最大出力374hp

実車のM240i xDrive の直噴3.0リットル直列6気筒ガソリンターボエンジンは、Mパフォーマンスオートモビルによる専用チューンが施された。その結果、欧州仕様の場合、最大出力374hp/5500~6500rpm、最大トルク51kgm/1900~5000rpmを獲得する。

トランスミッションはパドルシフト付きの8速AT「ステップトロニックスポーツ」で、駆動方式は4WDの「xDrive」だ。ローンチコントロール機能を採用したM240i xDriveは、0~100km/h加速を4.3秒で駆け抜け、最高速は250km/hでリミッターが作動する。

「Mスポーツブレーキ」やフロント225/45R19、リア255/35R19サイズのタイヤを備えた19インチMアルミホイールも装備される。市街地走行からサーキットに至るまで、直感的なブレーキ操作に応え、卓越したブレーキパフォーマンスを発揮する、と自負する。このシステムは短いペダルストロークと明確なプレッシャーポイントが特長のスポーティなセットアップが施された。ブレーキング時の熱に対する耐性が高く、高い制動能力を実現するという。さらに、Mスポーツブレーキには、よりダイレクトなブレーキレシオと分離型油圧回路設計のフロント4 ピストン式固定キャリパー、リアシングルピストン式フローティングキャリパーを装備している。

Mスポーツディファレンシャル

サスペンションは、フロントがダブルジョイントのスプリングストラット、リアが5リンクだ。「Mスポーツディファレンシャル」は、リアディファレンシャルに一体化された電子制御式の無段階可変ロック機能を採用し、トラクションとコーナリング性能を向上させる。さらに、アクティブディファレンシャルロック機能が、走行安定性と俊敏性を高める効果を発揮する。

また、DSC (ダイナミックスタビリティコントロール)システムを通じて、コーナリング中の内側と外側のリアホイールの差動を制限することにより、あらゆる走行状況において、駆動力の伝達を最適化するという。電気モーターによって生成される差動ロック機能により、駆動トルクを、回転が速い方のホイールから回転が遅い方のホイールへと移動させることができる。

例えば、高速でカーブを走行する場合、アンダーステア傾向が生じる場合がある。そのために、グリップを失って空転ぎみになっているカーブ内側のホイールの路面に伝えることのできない駆動力を、ブレーキを作動させて無力化させるのではなく、意図的にカーブ外側のホイールに配分する。そうすることで、車両はダイナミックにカーブに進入し、駆動トルクをスポーティな走りのために利用できる、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース