BMWジャパン、40周年記念イベント開始…過去/現在/未来をバーチャル体験

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、会社設立40周年の記念イベント「BMWアリーナ ~たいせつなものと、次の時代も。~」をオンラインで開始した。

BMWアリーナには「マイガレージ」、「レーシングエリア」、「コレクションエリア」、「コミュニティエリア」、「ステージエリア」の5つコンテンツがあり、BMWの過去、現在、未来をバーチャル空間で体験できる。

マイガレージでは、14車種の中から自分好みのクルマを選択し、自由にカスタマイズし、自分だけのBMWを創ることができる。カスタマイズしたBMWのクルマが自分のアバターとなり、BMWアリーナの各コンテンツに参加できる。

10月21日からスタートするレーシングエリアでは、BMWチームスタディ監修のもと、プロレーサーも唸る夢のコースを『M4 GT3』でタイムアタックバトル。優勝者にはBMW『M8』の1か月レンタルなどのプレゼントを用意する。同日よりオープンするコレクションエリアは、参加者がカスタマイズしたBMWアバターを鑑賞できるエリア。「いいね!」したり、オーナーのプロフィールを見ることができ、「いいね!」の数が多い人の中から1名に、その車両のデザインを基に制作したミニチュアカーをプレゼントする。

ステージエリアでは、10月22日19時から「BMWジャパン40周年イベント」をライブ配信。YOSHIKI、観月ありさ、平成ノブシコブシ吉村崇など、特別ゲストも出演予定。観賞したり、スタンプを使いリアクションを送りながら特別ゲストと共に盛り上がることができる。その前後にはコミュニティエリアもオープン。BMWとユーザーが繋がり、BMWについて語り合うことができる。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース