トヨタ、歩行速度の立ち乗り3輪モビリティを発売…価格は34万1000円より

トヨタ自動車は10月1日、歩行領域での立ち乗りタイプの新モビリティ『C+walk T』をトヨタ車両販売店で発売するとともに、レンタリース店でも取り扱いを開始した。

C+walk Tは、立った姿勢での乗車を特徴とした、乗り降りしやすく、操作しやすい3輪BEV。人間ひとりのスペースに限りなく近い、全長700mm(歩幅程度)と全幅450mm(腰幅程度)のボディに、ステップ高150mmと低く段差のないステップを採用。周囲の人とのコミュニケーションが取りやすい立った姿勢での乗車スタイルとし、周辺への圧迫感が少ない先進的なフォルムを実現している。

ハンドル左右にあるアクセルレバーの操作だけで車体をコントロール可能。押すと進み、離すと止まるという簡単な操作としている。また、必要に応じ、左右両手で操作可能なブレーキレバーを握ることでより減速をサポート。バックボタンを押すことで後進もできる。

人や障害物との衝突回避に寄与する障害物検知機能もオプションで設定。ボディ前面の周辺検知センサーが検知すると警告音とパネル表示で警告し約2km/hまで減速。利用者の安全な走行をサポートする。ハンドル操作時、操舵角を検知して走行速度を抑制する旋回速度抑制機能も標準装備。急斜面進入を通知し、降坂時の速度によっては自動減速する急斜面検知機能も採用するなど、高い安心感を提供する。

駆動はインホイールモーター方式を採用。フロントのホイール内にブラシレスDCモーターを配置することで、スムーズな発進・停止と旋回フィーリングを実現する。脱着式の10.8Ahリチウムイオンバッテリーは約2時間30分で充電可能。満充電で連続走行距離約14kmを達成する。

C+walk Tの価格は34万1000円。障害物検知機能などを装備するC+walk Tセーフティサポートは35万4200円。

トヨタではC+walk Tについて、法人利用としては広大な施設内での移動や警備の現場で働くシニアの歩行負担の軽減、公園や施設内を巡るアクティビティツアーといったシーンを想定。また関連法規の改正動向も踏まえつつ、将来的には公道での使用も見据え、長距離の歩行に困難を感じている人々のサポートを目指す。なお、C+walkシリーズの座り乗りタイプ、車いす連結タイプについても市販化に向けて現在開発を進めている。

《纐纈敏也@DAYS》
【画像】トヨタ、歩行速度の立ち乗り3輪モビリティを発売…価格は34万1000円より(19枚)

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース