『007』最新作、DB5 のスタントシーンの舞台裏…アストンマーティンが明かす

アストンマーティン(Aston Martin)は9月28日、映画『007』シリーズ最新作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』の10月1日公開を控えて、作品に登場する『DB5』のスタントシーンの舞台裏を紹介した映像を公開した。

アストンマーティンDB5は、映画『007』シリーズにおいて、最も有名な「ボンドカー」と称される。DB5が起用されたのは、第3作『007ゴールドフィンガー』と、第4作『007サンダーボール作戦』(1965年公開)など、合計6作品だ。

当時のボンドカーは、1964年式アストンマーティンDB5をベースに、アストンマーティンが特別製作した。機関銃、回転式ナンバープレート(フランス/イギリス/スイス)、脱着式ルーフ、攻撃用バンパーガード、オイル散布装置、煙幕、無線電話など、ボンドカーならではの数々の秘密兵器が組み込まれていた。

アストンマーティンは今回、『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』の10月1日公開を控えて、作品に登場するDB5のスタントシーンの舞台裏を紹介した映像を公開した。『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』では、スタントシーン用に5台のDB5のレプリカが用意されたという。

なお、DB5のレプリカには、テールスライドを簡単に行うために、油圧式サイドブレーキを特別に装備した。ヘッドライトに格納された機関銃やスモーク発生装置など、ボンドカーならではの装備も追加されている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース