SBI損保の自動車保険のスピード見積り「カシャッピ」をリニューアル

SBI損保は、自動車保険のリアルタイム見積りサービス「カシャッとスピード見積り(カシャッピ)」を大幅にリニューアルし、9月29日より提供を開始した。

カシャッピは、ダブルスタンダード社独自の人工知能(AI)搭載型OCRを活用し、同社とのパートナーシップにより実現した2019年11月開始のサービス。スマートフォンやタブレットで自動車保険証券・継続証を撮影、SBI損保の自動車保険の保険料見積りに必要な情報を自動で読み取り、概算保険料をその場で表示できる。

今回のリニューアルでは、AIが自動で読み取る対象保険会社を、これまでの国内大手4社からダイレクト型損保を含めた15社に大幅に拡大。さらに、紙の保険証券だけでなく、PDFや保険証券を撮影した画像のアップロードでも概算保険料の見積りを可能とした。そのほか、読み取りのための撮影方法を解説するガイド機能を加え、スムーズな読み取りをサポートし、より短時間で概算保険料を見積ることができるようになった。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース