ブリッツ、新型BRZ用車高調キット「DAMPER ZZ-R」発売 ボディ剛性向上に対応

ブリッツは9月28日、全長調整式車高調キット「DAMPER ZZ-R」の新製品として、スバル新型『BRZ(ZD8)』用の販売を開始した。

DAMPER ZZ-Rは、リーズナブルな価格ながら、剛性に優れた単筒式(モノチューブ)構造を採用する全長調整式車高調キット。32段減衰力調整機構を採用し、ストリートからサーキットまで、あらゆる走行シーンに対応する。

また、アルミ製のアッパーマウント、ロックシート、ブラケット(一部)を採用し、高い強度と軽量化を両立する。単筒式ならではのφ44大径ピストンを採用し、減衰力の立ち遅れを抑制。しなやかな走り心地と確かな追従性を実現する(一部車種除く)。さらに、カートリッジ先出しのオーバーホールに対応。従来とは異なるスムーズな対応で消耗品の交換を可能としている。

新製品は、新型になりボディ剛性が向上したBRZに対し、サスペンションをしなやかに動かし路面追従性を高めるセッティングとすることでストリートでの乗り心地を確保した。リアスプリングレートは4kgf/mmとし、減衰力を合わせこむことでリアの唐突な動きを抑制し、サーキット走行などのスポーツ走行やワインディング走行でも荷重移動がしやすく、マイルドで乗りやすく安心して走行できる。

フロントにはキャンバー調整機能付きピロボールアッパーマウントを採用し、ダイレクト感とキャンバー調整の自由度を両立。また、専用のショートスタビリンク(フロント用)を付属することで、スタビライザーの突っ張りをなくし適正なロールコントロールを実現する。

価格は17万6000円。オプションのDSC PLUS車種別セット(7万2600円)を取り付けることで、室内から減衰力の変更や車速、Gセンサーに連動した減衰力変更も可能になる。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース