【トヨタ カローラクロス】モデリスタ、カスタマイズパーツのテーマは「大胆だが繊細」

トヨタカスタマイジング&ディベロップメントは、新型車トヨタ『カローラクロス』の発売に伴い、モデリスタブランドのカスタマイズパーツをラインアップし、9月14日より全国のトヨタ車両販売店を通じて販売を開始した。

今回発売する新型車カローラクロス用カスタマイズパーツのコンセプトは「DARING but DELICATE(デアリング バット デリケート/大胆だが繊細)」。動きのある大胆なグラフィックでありながらもディテールまで気を配った造形で、先進性と上質感を合わせ持つアーバンクロスとなっている。

「モデリスタ エアロパーツセット」は、フロントスポイラー、サイドスカート、リヤスパッツ、カラードフェンダーの4点セット。高級感のあるスタイリングへと昇華させる。

フロントスポイラーは中央下端部にボディ色のブレード形状をレイアウトすることで、低重心かつ安定感を強調。両脇のL字型メッキ加飾がアクセントとなり、アイコニックで先進的なフロントフェイスを演出する。サイドスカートもボディ色とすることで塊感のある車両フォルムを強調。リヤスパッツはベース車のメタルガーニッシュとリフレクターを側面からくわえ込む様にデザインしたコの字形状とし、ダイナミックで存在感のあるリヤスタイルを演出する。ボディ同色のカラードフェンダーは車両全体のアーバンテイストを際立たせ、力強い存在感と車両との一体感を演出する。

「クールシャインキット」は、5点のメッキガーニッシュ(フロントグリル、サイドドア、バックドア、ミラー、ドアハンドル)で構成。エアロパーツとは一味違った煌びやかで高級感のあるスタイルを気軽に楽しめる。

フロントグリルはエンブレムの両脇からヘッドランプのキャラクターラインまで繋がる様にデザイン。ワイド感と高級感のあるフロントフェイスを演出する。サイドドアメッキガーニッシュはブラックアウトとの2トーンデザインで、サイドビューのアクセントとなる。バックドアガーニッシュは、ベース車バンパーロアのメタルガーニッシュと呼応したハット型形状とすることで統一感のあるデザインとし、都会的でプレミアムなリヤビューを演出。サイドミラーやドアハンドルのメッキガーニッシュがさらなる高級感を演出する。

その他にも、モデリスタとして初となる「ドアハンドルプロテクター」や「セキュリティ付ナンバープレートボルト」を設定し、モデリスタブランドで車両をトータルコーディネートできるようなラインアップとしている。

なお、クルマのサブスク「KINTO ONE」でも、モデリスタパーツを装着した新型車カローラクロスをラインアップ。サブスクというクルマの所有形態でも気軽にドレスアップを楽しむことができる。

トヨタ自動車は、シリーズ初のSUVとなる新型車『カローラクロス』を9月14日より発売した。価格は199万9000円から319万9000円。サブスクリプ……

《纐纈敏也@DAYS》
【画像】【トヨタ カローラクロス】モデリスタ、カスタマイズパーツのテーマは「大胆だが繊細」(23枚)

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース