意外に手軽、音を良くする強力パーツ…アンプ[カーオーディオユニットの取り付け]

カーオーディオシステムのアップグレードに興味を抱きつつも、取り付け作業にどれくらいの費用がかかるのかが分かりづらく、結果、システムアップを見送ってきたというドライバーは少なからずいるようだ。当特集では、そこのところをクリアにすべく展開している。

今回は、“外部パワーアンプ”の設置方法とその費用の目安を明らかにする。なお当特集は毎回、全国の有名カーオーディオ・プロショップに話を訊き、記事を制作している。今回は、神奈川県川崎市の人気ショップ“カーファイ”に協力を要請した。参考になる情報をたっぷり得られた。さて、その中身とは…。

シート下に取り付ければ、コストの抑制が可能に!

“外部パワーアンプ”は、絶対的に必要なものではない。なぜなら、メインユニットにもパワーアンプは内蔵されているのでそれを使えば音を出せるからだ。しかし、“外部パワーアンプ”を使うとサウンドクオリティをもう1ランク上げられる。情報量が増え解像度が上がり、より豊かな音を満喫できる。特にスピーカーを市販品に換えているならなおさら、その利点が活きてくる。

さて、その取り付けにはどのくらいの手間と費用が掛かるのだろうか。最初に“カーファイ”代表の小金井さんに、スタンダードな取り付け方法とその費用のメドを訊いてみた。

「まず“外部パワーアンプ”を取り付ける場所ですが、スタンダードなのはシート下です。ここに装着すると比較的に、取り付けコストを抑えられます。ですのでコストを抑えたいとお考えの場合には、シート下に収まるモデルを選ばれると良いと思います。ちなみに、グローブボックスに取り付けられるような超小型モデルを選択すると、さらにコストを抑えられます。ケーブルも短くて済みますし。ただこれは特殊なケースなので、スタンダードなのはやはりシート下への設置です。

なおシート下に取り付ける場合、車両への固定についてはそれほど費用はかかりません。特に、面ファスナー(いわゆるマジックテープ)で固定するという方法を選べばリーズナブルに収まります。“外部パワーアンプ”の底部に面ファスナーを貼って、それをカーペットに貼り付けて固定します。ただし、面ファスナーが効かないカーペットもありますので、その場合は別の方法で固定します。

ちなみに面ファスナーが使える車種であっても、フロア面がデコボコしている場合にはボードを敷く必要性が生じます。もっとも高いところを基準に水平になるようにボードを敷いて、そのボードに“外部パワーアンプ”をネジ留めします。ボードは面ファスナーが使えるカーペットであればそれで固定し、面ファスナーが使えない場合はボディにネジ留めする等々、お客様と相談の上固定方法を決定します」

“外部パワーアンプ”のシート下への取り付け例(製作ショップ:カーファイ<神奈川県>)。

費用がかかるポイントは、配線作業。車種や使用機によっても難易度は変動。

「なおボードを敷く場合には多少費用は上がりますが、しかし大きな違いは出ないと思います。

コストがかかるポイントは、むしろ他にあります。それは、配線作業です。電源ケーブル、ラインケーブル、スピーカーケーブル、これらのワイヤリング作業も必要になり、特に電源ケーブルとスピーカーケーブルの配線作業はそこそこ手間がかかります。そして車種によってその手間のかかり方に差が出ます。一層手間がかかるケースも出てきます。

ちなみに電源配線は、プラス電源を車両のメインバッテリーから直接引き込む“バッ直”という方法を取ります。消費電力の少ない電装品であればメインユニットの裏やヒューズボックスから電源を取ることもありますが、“外部パワーアンプ”の場合は“バッ直”がマストだと考えています。消費電力が大きいですから。ある程度手間がかかりコストのかかるポイントにはなってしまいますが、“バッ直”は“外部パワーアンプ”の取り付けにおいて必須です。

なお、使用するケーブルの太さによっても難易度は変化します。消費電力が大きいモデルの場合はそれなりの太さのケーブルを使わなければならず、太くなると通線作業の難易度も上がります。

スピーカーケーブルの引き回しに関しては、室内からドア内部に引き込む部分で難易度が変化します。

で、肝心の費用のメドですが、もろもろの作業がスムーズに進められる車種であれば、ケーブル代を除いた取り付け費用は当店の場合、2万円(税抜)からとさせていただいています。なおシート下に取り付ける場合であれば、多めにかかることがあっても、1、2万円の超過で済むケースが多いと思います。もちろん、どのくらいの超過になるかはご依頼を受けた段階でご説明しています」

“外部パワーアンプ”のトランクへの取り付け例(製作ショップ:カーファイ<神奈川県>)。

トランクに設置する場合には“外部パワーアンプ”も大型化することもあり、費用はUP。

続いては、トランクに設置するケースについて教えてもらった。

「トランクに設置する場合もさまざまな要因で作業の難易度が変わってきますが、費用の目安は当店の場合、4万円(税抜)からとさせていただいています。シート下に取り付ける場合と比べて費用がアップするのは、配線作業の総距離が長くなるからです。ワイヤリングは、キレイに仕上げるのはもちろんのこと安全性にも十二分に配慮する必要があり、距離が伸びればそれに相応して作業時間が増えていきます。

また、固定についてもシート下に取り付ける場合と比べて大掛かりになりがちです。トランクに取り付けるのは“外部パワーアンプ”自体が大きいからである場合が多く、なのでボードを敷く方法を取った方が良いケースが増えます。また、セダンやツーリングワゴンの場合は目に見える場所に固定することになることが多く、そうであると下に敷くボードにカーペットを巻く等、見た目にも気を配る必要も出てきます。

なお“魅せる仕様”にするとなると、コストは相応に増大します。そして、やり方によって増大する幅も相当に広がります。例えば、“外部パワーアンプ”をフロアに埋め込みその天板のみを見えるようにする方法ならまだ低コストで収まるのですが、埋め込んだラック自体を装飾するとなるとコストはアップしていきます。アクリルを使ったりLEDを埋め込めばなおさらに。

費用の目安は10万円(税抜)からといったところでしょうか。お客様のこだわり方によって、コストは大きく変化します。

ご来店いただけましたら、車両の状況を見ながらどのような取り付け方になるのか詳しくご説明いたします。また、ライトなメニューもさまざまご提案させていただきますので、初めての方もお気軽にお越しください。お待ちしています」

《太田祥三》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース