大型路線バスが自動運転で営業運行 横浜市内で実証実験へ

相鉄バスと群馬大学、日本モビリティの3者は、9月20日から24日までの5日間、横浜市内の公道で、路線バスによる自動運転の実証実験を実施する。

これは、横浜市の「I・TOP横浜 路線バス自動運転プロジェクト」の一環として実施するもの。相鉄線 二俣川駅と横浜市の大規模団地再生モデル構築事業の対象団地である左近山団地間を走行する路線バスの一部区間(二俣川駅南口~左近山第5、往復約9km)を大型の自動運転バスを用いて営業運行する。なお、駅に接続する自動運転バスの実証実験は神奈川県内で初めてとなる。

本実験は、2021年3月に左近山団地で実施した試験走行区間を延伸するもので、運転士を配置した自動運転「レベル2」で同区間を最高時速30km/hで1日3往復する(一部手動)。実際に使用している22か所のバス停に止まり、通常の運賃を収受。車内には運転士のほか、乗客の対応や運行のサポートを行う保安要員が1人乗車し、安全性を担保しながらスムーズな運行を目指す。自動運転バスは日野『ブルーリボン ハイブリッド』をベースに、レーザーセンサやGNSS受信機、遠隔監視カメラなどを装備。自動運転に対応する車両制御システムを搭載する。

3者は今回の実証実験の結果をもとに、自動運転システムによる本格的な営業運行に向けた課題を把握し、高い安全性と安定した操作性を追求。今後も段階的な実証実験を重ね、自動運転に対する社会受容性の向上や、公共交通ネットワークによる持続可能な街づくりと、より安全な自動運転社会を実現するべく、自動運転「レベル4」による営業運行の早期実現を目指していく。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース