スズキ バーグマン400、マイチェンでトラクションコントロール装備 7月6日発売

スズキは、ラグジュアリースクーター『バーグマン400 ABS』をマイナーチェンジし、7月6日より販売を開始する。

バーグマン400 ABSは、国内初の400ccスクーターとして1998年に発売した『スカイウェイブ400』の全面改良モデルだ。よりスリム、スポーティで軽快な印象のデザインとし、ヘッドランプとリヤコンビネーションランプにLEDを採用。低中速トルクを向上したエンジンで素早いスロットルレスポンスと、より力強い加速を実現した。

今回のマイナーチェンジでは、新たにトラクションコントロールを装備し、エンジン出力を効率よく路面に伝えることが可能になった。また、エンジンにスズキデュアルスパークテクノロジーを採用し、燃焼効率を向上。新しい触媒システムを採用することで、平成32年(令和2年)国内排出ガス規制に対応した。

カラーはマットシルバー、ブラック、グレーの3色を設定。84万7000円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース