JAXAとホンダ、循環型再生エネルギーシステムの実現性検討を開始 宇宙で酸素・水素や電気を持続的に供給

宇宙航空研究開発機構(JAXA)とホンダは6月14日、共同研究を進めている循環型再生エネルギーシステムについて、実現性の検討を開始すると発表した。

宇宙で人が生活する上で必要となる水や食料、酸素や燃料となる水素、電気などを地球から補給することなく宇宙で入手するためには、太陽エネルギーにより水を電気分解して酸素と水素を製造する高圧水電解システムと、酸素と水素から電気と水を発生させる燃料電池システムを組み合わせた「循環型再生エネルギーシステム」を構築することが解決策の一つとなる。

JAXAとホンダは、2020年11月に3年間(2020年度~2022年度)の共同研究協定を締結し、ホンダが有する高圧水電解技術および燃料電池技術を活用した、月周回有人拠点「Gateway」および月面での循環型再生エネルギーシステムに関する研究を進めている。

共同研究ではJAXAが、これまでに検討してきたGatewayにおける酸素製造および月面における移動用車両への電気供給に関するミッションのシナリオや要求に基づき、検討条件の設定を担当する。

ホンダは、JAXAのミッションやシナリオを実現するための技術検討を担当。2021年度は、昨年度の研究にて識別した循環型再生エネルギーシステムの要素技術に関する課題に対し、試作による評価も行いながら実現性の検討を実施する。その結果を2022年度に計画しているシステムとしての成立性の検討へつなげていく予定だ。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース