札幌市電の還暦車両が引退…1961年製のM101、初の連結車 10月31日ラストラン

札幌市電を運行する札幌市交通事業振興公社は6月10日、1961年製のM100形M101号(M101)が10月31日の運行を最後に引退することを明らかにした。

当初のM101は、ラッシュ時の輸送力増強を図るためTc1形Tc1号(Tc1)とコンビを組む連結車として運用されたことから、Tc1とともに「親子電車」と呼ばれていた。

M101は両運転台車でモーターを2個、Tc1は片運転台車でモーターを1個搭載する非貫通車両で、札幌市電初の連結車だったが、1963年以後は後継車として連接車のA800・810・820・830形、連結車のA850・870形が登場しており、通り抜けができない連結車はM101+Tc1のみに留まった。

Tc1が1970年に引退してからは、半世紀にわたりM101号の単独運行が続き、連接車の運行がなくなった1976年から超低床電車(A1200形)が登場した2013年まで札幌市電唯一の両開き扉車として存在感を示していた。

なお、札幌市交通事業振興公社では還暦を迎えるM101の引退を記念した関連企画を計画しており、今後詳細が発表される。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース