地下駐車場の恐怖、CO2放出の消火設備誤作動で4人死亡[新聞ウォッチ]

こんな場所にもあの二酸化炭素(CO2)が使用されているとは、恥ずかしながら知らなかったが、それにしても働き盛りの5人の男性作業員が犠牲になってしまったことは、何とも気の毒でいたたまれない。同時に、身近にある駐車場がこんな危険と隣り合わせでもあるという恐怖を覚えた。

東京・ 新宿区のマンションの地下駐車場で天井の張り替えを行っていた作業員の男性6人が中に閉じ込められ、1人は自力で外に出て無事だったが、4人が死亡し、1人の男性も重体という惨事に見舞われた。現場からは通常の空気中の濃度の数百倍に当たる二酸化炭素が検出されたということで、駐車場の消火設備が何らかの原因で誤作動した可能性があるとみて調べているという。

きょうの各紙にも「地下駐車場4人死亡、CO2消化ガス噴出」(読売)などと、社会面のトップ記事で報じている。それによると、現場の駐車場には二酸化炭素を放出するタイプの消火設備があり、現場に到着した東京消防庁が測定したところ20%を超える濃度の二酸化炭素が検出されたという。この数値は通常の空気中の濃度の数百倍に当たり、10%以上になると数分以内に意識がなくなり、放置すれば死に至ることもあるそうだ。

地下駐車場では、作業員らが消火用の二酸化炭素ガスを吸い込んで死亡する事故がこの半年の間に相次いでいるという。ではなぜ、そんな危険な消火設備を使用するのかと疑いたくもなるが、「自動車のガソリンに引火した際の消火に効果的なため、地下駐車場に設置されることが多い」(毎日)。また、消火設備では安全性が高いと言われる窒素を使うものなどもあるが、ボンベの数が増えてコストが高くなってしまうほか、フッ素系の薬剤が使用さ れている「泡消火設備」では、消火後に車両に付着した泡が落ちにくいなどの難点もあるため、二酸化炭素を放出するタイプが増えているという。

世界で脱炭素の流れが加速しているが、自動車の電動化の議論も大切だが、身近な地下駐車場などで使われるCO2の安全対策の見直しも喫緊の課題だろう。

2021年4月16日付

●東芝、買収反対へ、経営陣上場維持の方向(読売・1面)

●トヨタ流自動運転技術、高速で並走トラックと間隔(読売・6面)

●いすゞ子会社工場10日間停止、半導体不足(読売・7面)

●日産クーデターの真相、「背任」検察に持ち込んだ(朝日・6面)

●電動モビリティにルール案(朝日・29面)

●「まん延防止」4県追加、埼玉・千葉・神奈川・愛知、20日から(毎日・1面)

●「五輪中止」火消しに躍起、二階氏タブー言及、橋本氏「知見結集し準備」(毎日・23面)

●スバル3種18万台リコール(産経・24面)

●半導体不足年内続く、TSMC投資.3.3兆円上方修正(日経・1面)

●UDトラックス、埼玉の工場停止(日経・13面)

●アストンマーチン会長、EV比率「70~80%に」30年、メルセデスと連携(日経・15面)

●日野、初の小型EVトラック(日経・15面)

●消火設備誤作動、4人死亡、新宿地下駐車場、CO2放出か(日経・39面)

《福田俊之》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース