エヌビディア、自動運転車向け次世代コンピュータ発表…毎秒1000兆回の演算を可能に

エヌビディア(NVIDIA)は4月12日、自動運転車向けに、毎秒1000兆回の演算性能を可能にする次世代AI対応プロセッサ、「NVIDIA DRIVE Atlan」を発表した。

NVIDIA DRIVE Atlanシステムオンチップは、AI (人工知能)とソフトウェアを最新のコンピューティング、ネットワーク、セキュリティと融合させた。NVIDIA DRIVE Atlan には、エヌビディアの次世代GPUアーキテクチャ、新しい 「Arm CPU」コア、ディープラーニング、コンピュータービジョンアクセラレータが含まれている。

このデータセンターのような性能により、自動車メーカーには、ソフトウェア デファインドの車両を構築するために、充分なコンピューティング機能が提供される、と自負する。さらに、安全な OTA(Over The Air)アップデートを通じたプログラミングや、永続的なアップグレードが可能になるという。

NVIDIA DRIVE Atlanでは、自動運転車に見られる複雑なコンピューティングや AI ワークロードをサポートするために、幅広い高度なネットワーク、ストレージ、セキュリティサービスを提供する「NVIDIA BlueField」データプロセッシングユニットを統合している。

NVIDIA BlueFieldは、データ侵害やサイバー攻撃を防ぐための安全なセキュリティを備えたデータセンター・インフラストラクチャ・オンチップのプログラム性能を提供するという。NVIDIA DRIVE Atlanは、自動運転車で同時に実行される多数のAIアプリケーションを、安全かつ確実に処理するように設計されている、としている。

《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース