BMWグループの電動車世界販売、約2.3倍に増加 2021年第1四半期

BMWグループ(BMW Group)は4月8日、2021年第1四半期(1~3月)の電動車両(EVおよびプラグインハイブリッド車)の世界新車販売の結果を発表した。総販売台数は7万0207台。前年同期に対して、約2.3倍と増加している。

BMWグループの電動車両には、「i」ブランドのEVおよびプラグインハイブリッド車(PHV)の『i3』と、PHVスポーツカーの『i8』がある。

また、BMWブランドでは、『2シリーズ アクティブ ツアラー』、『3シリーズ』、『5シリーズ』、『7シリーズ』、『X3』、『X5』などに、プラグインハイブリッド車(PHV)を用意している。

さらにMINIブランドでは、MINI『クロスオーバー』のPHVのMINI 『クーパー S E ALL4』と、MINI『ハッチバック』のEVのMINI『クーパー SE』を設定 。BMW、MINI、BMW iの3ブランドで電動車両を展開している。

BMWグループの2020年の電動車両の世界新車販売台数は、過去最高の19万2646台。前年比は31.8%増とプラスを維持している。

《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース